スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

名も知らぬ花。。

I do not know the name of this flower.

Explore?


前々回で紹介したマブダチのDianaがちょっと前に彼女がUPした写真を
ねずみ色のバナーみたいにして再掲載していた。
http://www.flickr.com/photos/anyway_and_always/2567758304/

でよく見ると彼女のマブダチがみ~んなで

Congratulation 

ってやっちゃってるんで、

「ははぁ、彼女に下心がある男にこのバナーを作ってもらったんだな

って何となく読めたつうか想像しちゃってて、ちょっと妬けるつうか(妬けるんかい
どうでも良かったんだけど、とりあえず、おめでとうって言わなきゃなあ、、、
みたいな感じで

おめでとう。何かあったんかい? 
(Congratilations!! What happened? )」

ってか~るぃジェラシーで意地悪気味にコメント付けちゃったりした俺

数十分後、彼女からメールが着た。

「あのね、Tomoo(って結局実名公開しちゃってるじゃん>俺
私の写真がね、”Explore”に選ばれたのよ。。
Explore”に選ばれるのは大変名誉なことなの。私も初めてで
ほんとうに驚いたわ。幸運だったわ。Tomooの写真も素敵だから
きっと選ばれると思うわ」

とかなり雰囲気重視でかなり強引な翻訳だが内容はこんな感じだと思う。

確かにバナーにはExploreって書いてあったが、Exploreって言われても
インターネットエクスプローラーとかフォードのクソデカイ4WDぐらいしか
思い浮かばねぇし、彼女の写真は花や動物が多いから、下心あるマブダチ
に「自然探検写真家の・・・」ってヨイショされたんだろうなあ。。って気がしてた。

まあ彼女の話からすると日本の意味で「入選」ってことみたいだ。
その名誉ある選出にExplore(日本語訳:探検)ってどうなのよ?
(「AWARD」とか「GOLD」とか「PLATINUM」とかさあ、もっと雰囲気でわかるように
してよ~~>flickrの審査員の先生方。。)

何はともあれ、このExplore。入選って意味だとして俺みたいな下手には
非常に敷居の高い感じがしそうなものだが、前々回でも書いたが
Dianaと俺の写真の撮り方は似ている。レベルが近いのだ。
ただ、彼女の写真には俺みたいに

「よっしゃ、ちょっとカッコよく撮ってやる
とか
「へへへ、こう撮ればオシャレ度高く見えちゃうんじゃねぇ?

なんて感じの妙な貧乏臭さが無く素朴で素直。
俺もちょっと工夫すればなんとかなるかも。。。
っていつものように妄想が膨らんでしまうんだなぁ、これが。。

いざ「Exploreを調べてみっぺ」ってことでプロのマブダチ二人である
andie smithlouieのExploreを見てみた。
ただでさえ毎回すっげープロの技を見せつけまくるこの二人。
彼らは既にExploreを大量に輩出していた。特にandie smithは21枚。。(オイオイlouieは13枚。
ち、ちょっと待てlouie。。142枚中13枚。。なんという確率なんだ。恐るべしルーイー!!(注記*)
俺の目に狂いは無かった。ルーイーやアンディはホンモノだ。

注記*:前回まではlouieをローィーと読んでましたが、Sるさん(匿名)の忠告でルーイーと
呼ぶそうなので標記をルーイーと変更しました。


と二人の凄さで少し怖気づいていた時に、再びDianaが2個目のExploreをGETしたって
バナーが。。。。。。
http://flickr.com/photos/anyway_and_always/2576162546/
http://flickr.com/photos/62881265@N00/2496952173/

彼女も驚いてて、逆に困惑してるみたいで
「なんで選ばれたのかわかんないわ。。私のより素敵な写真いっぱいあるのにねぇ。。
とか言っちゃってる。。
確かにいい写真だ。解像感は無いものの、すっげー綺麗に周りボケててソフトフォーカスで
彼女の優しさが出ている。
ただ、ルーイーやアンディにはどう転んでもかなわないが、なんか彼女には追いつけそうな気
がしてきた。。カリカリの写真でもPICASAでレタッチすればこんな写真になるような気がする。

少し光明が見えてきたところでExploreについて2chで調べてみることにした。

で見つけたのがこのスレッド
【みんなで】http://www.flickr.com 2【なかよく】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/photo/1207915491/

って上の方から読んで見たら、13番の人が書いているように
Exploreってのは「良い写真」じゃなくて「注目されてる写真」だそうな・・

でもっと驚いたのが327番
俺の名前が出てるじゃん
なんで俺ごときの名前出すんだつぅ~の。。
やっぱ、馬鹿って意味で??
俺みたいな下手をヤリ玉にあげる意味がわからん。。
この俺も有名になったって喜ぶべきなのか、馬鹿にされてるのを悔しむべき
なのか微妙ではあるが、このスレは素晴らしく情報が豊富なので参加するように
なった。

このスレでExploreに関しての情報をまとめると。。。

・良い写真ではなく、注目されてる写真。
・Exploreは毎日500枚選出される。
・コメントやview数fav数などで機械的に選んでるわけではなく、最後は
 人の手によって選出される。(ポルノやグロを外す作業がある。)
・ExploreをGETするとviewが軽く100を越す。
・タグがジャブのように効く。(過去にさかのぼって選出されることもある)
・view数は自分で増やすことができる。(実験君の実験結果による)
・view数増やすとかセコい小細工考えるより、いい写真を撮ることを
 考えるべきである(正論中の正論

でもうひとつDianaを見てて俺が感じたことだけど
・一度ExploreをGETした人は何回もGETしやすい。

こんな感じじゃなかろうかって思う。慌ててタグ付けたり、グループに写真提供したり
しまくってみちゃう俺。。
スレッドの中で正論が出ちゃってるんだけど、やっぱ近道したいじゃないですか。。

で、なんとか目立たなきゃって感じで真っ先に思いついたのが
andie smithのプロフにあるバナー。
これが直接目立ち度UPになるとは思えないんだけど、すっごくプロっぽくて
かっちよえぇ~~~~
って思ってたんだよよね。でもクリックしてもアンディの写真のとこにしか飛ばないし
どうやって作るのかわからん。。
で下のViewDNAってのクリックしたらそのバナー提供してるサイトである「BIGHUGELAB」って
とこに飛べた。自分のID入れると自分のflickrのまとめって感じなページができる。
http://bighugelabs.com/flickr/dna.php?username=87836497@N00

こんなんはどうでもいい。。欲しいのはあのバナー。。バナーだよ。。
で見回すと「Join free」って書いてあるバナーを発見。
なるほど、あの超かっちょえぇバナーは会員登録しないと
作ってもらえないんだぁ、そりゃそうだわなあ

って思った俺はクリックして進めていく。。
「あなたの国は? 年齢は?」って感じで最初はありがちな質問コーナーだったんだけど
「あなたについて記述しなさい。重要です。」とか「Contactsに何を求めますか?」
「どこの国のContactsがいいですか?」ってかな~り突っ込んだ内容で面倒だったが、
頭の中はあのかっちょえぇバナーでいっぱいつうかマークだらけ。

「俺はデジカメコレクターです。でも写真の技術が無いので上手く撮りたいです。」
「より高いレベルの写真家に俺を写真を批評して欲しい」
「any(どこの国の人でも構わない)」

とかマジで答えてみた。で登録完了してログイン。。

「バナーバナー。。バナーはどこで作るんだぃ?」

ってルンルン気分でマイページを
開いてみると。女の顔写真だらけ。。
WELCOME!
あなたにマッチした女性はこの人たちです。


ガーーーーン。。
登録したのはバナー屋さんじゃなくて、恋人紹介所?出会い系サイト


なんという失態。
英語力の無さに加え、バナーに目がくらみ自分を失っていたとはいえ
普通間違えて出会い系に入会するか?>俺
バナー作りが振り出しに戻った俺は自力で探し当てる気力も無く
先ほどの2chのスレでストレートに聞いてみた。
数時間でレスが付きめでたくバナーをゲッチュー

っていうかホントに親切な人があのスレにはいるのだ
(最初から聞いときゃ良かった。。

clkokamekun. Get yours at bighugelabs.com/flickr

妙に赤っぽい写真が多いせいかCOOLさに欠けるけど
カッコイイっしょ

話し変わって日本の俺のファン(いねぇいねぇ)をヤキモキさせてる
と評判のDianaとの関係だが、新事実。。。
ちょっと前にflickrに犬の写真UPした時に、Dianaが

「かわいいキャバリアね。キングチャールストンキャバリアかな?」

ってメール着たんで

「俺の娘が撮ったんだよ。」って返したら

「娘さんは何歳? 私の息子は38よ。

やっぱおふくろクラスのおばあさんだったか。。

彼女4歳まで日本に住んでて、当時彼女が教えてもらってた
乗馬の先生と俺のイメージがかぶってるって言ってたんだけど
年齢からして、進駐軍?GHQ?ギブミーアチョッコレートの時代か。。。

でも本当にいい人かも。。
今朝も
「日本で大きな地震あったでしょ?Tomooと家族は大丈夫だったの?」
って心配してメールくれた。
なんちゅうか、俺さあ、こういう優しさに相当、弱かったりする。。(号泣)
これからも良いお友達で居たいとマジで思ったね。

(↑こういうこと書くと女房にたたでさえマザコンって怒られてるんで
ヤバイって噂もあるが。。。

で、最後に冒頭の写真、一昨日flickrにUPしたんだけど
作戦っていうか悪巧みっていうか、たいして綺麗でもない
変な花をトリミングと激しいレタッチで改造してUP。
名も知らない花だったので、誰か教えてくださいって事を
写真の説明に加えておいた。こうすればコメント付けやすいし
コメント数が増えるだろうってセコイ作戦だったのだが
今のところ見事に失敗。策士CLKオカメ君としての第一弾
だったのだ。
(策士がバナーと間違えて出会い系に入会するかつうーの>俺
2008年06月15日 | Comments(4) | Trackback(0) | flickr関連日誌

Don't mess with Texas

otahuku.jpg


テキサスのドライブインで~~
この手紙 お前に書くよぉ~
<中略>
お~だーりん~おっおおおおおっ~~~~~

って誰がマッチの昭和の懐メロ歌えって言ったんだつぅ~の>俺
しかも、わかるとこしか歌わねぇのかつぅ~の>俺


新展開?

前回、flickr系だったから、次回はデジカメレビューかなあ?って
見せかけといて、もう1回つうか、またしてもflickrかよ!!
ってそ~~んな感じのヤオデコ(そろそろ覚えたか?)だったりする訳だが、
新たなる展開っていうか、

「え、え、え、え、え~~っ、そんなことがありえるんかい。。

ってな状況下になったため、本来ならデジカメ対決第二段の順番っていうか
予定だったが、やむを得ず、
緊急臨時特別レポート番外編
「flickr24時-今、okemekunの身に何が。。?-」

としてflickr関連日誌をする運びとなったのである。
(結局デジカメのレビューよりflickrの自慢がしたいだけじゃねぇのかよ>俺)


テキサスの女マブダチ2

俺のflickrでの女マブダチとしてはテキサスのダラスの美人プロ写真家の
andie smithが余りにも有名(だと思う)だが、俺の衝撃のflickrデビューの頃から
コメントくれたりしてるテキサス在住の女性がもう一人いたりする。
ハンドルネームっていうかIDはTX Dogwoodって言うんだけど
プロフの横に「about TX Dogwood/Diana」って書いてあったんで
最初にコメントもらって彼女の写真にコメント返す時に

hi Diana !(ちわっす、ダイアナさん !)のつもり

って「知ったかぶり」っていうか、ローィーの真似してわかってもいない英語の挨拶で
調子ぶっこいてみた
のが、功を奏したのかすっげー親切に毎回コメントくれたり、
俺の超下手な写真をフェイバリット(多分お気に入り)にしてくれたり、いい関係な訳なのよ。。

で、昨日、2~3日写真をUPしてないんで、そろそろ写真UPしなきゃマブダチ達(Contakts)に
俺のことを忘れられちゃうってのも悲しいし、なんとかせねば。。。って妙に切羽詰った気持ちに
なっちゃってて、

「とりあえず上げとこっ

って感じでしょーもない写真2枚ほどUPしたわけですわ。
で、そのしょーもない写真が冒頭のおたふくの写真な訳なんだけど
こんな写真にも彼女がコメントくれてさあ、

「『おたふく』ってどんな意味なのかしら?」

って書いてあるような気がしたんで

おたふくってのはどうたらこうたら
って説明してあげたのよ。
例のごとく、スパッと説明できないんで
長々とダラダラと。。このブログみたいに。。

その様子↓
http://flickr.com/photos/26414987@N06/2555660326/

最後に

「ごめんね。俺英語ダメだから、理解できないかもしれないねえ・・」

って書いたつもりなんだけどさ。
彼女、すっげー優しくて

「ありがとう。理解できたよ、とってもナイスだよ」

って書いてくれた。いい人だわ。。

で俺の心の中で
彼女の写真にもコメント付けなきゃって雰囲気が漂いまくってきたんで
彼女の写真にコメントしたんだけど
相変わらずcoolに一言で決めれずに
ダラダラと書いちまうんだなあ馬鹿な俺は・・

そしたら彼女は

あなたはとても親切で素敵よ
   (そこまで言ってねぇぞ>俺)
あなたのファーストネームを教えてちょうだい

って返してくれちゃってた訳よ。。

その様子↓
http://flickr.com/photos/anyway_and_always/2540521439/


俺が調子ぶっこいて

「は~ぃ、ダイアナ

なんてファーストネームで呼んじゃってるから
彼女も俺のファーストネームが知りたいわけだ。。

っていうか彼女、俺に惚れてねぇか
俺はパツキン(金髪)の女に惚れられるまで出世したのか
(注:金髪というのは俺の希望的観測。。
ひょっとして海を越えた
国際超遠距離W不倫の始まり

(んな訳ねぇだろ>俺)
(女房が読んだらぶっ殺されるぞ>俺)


まあ、英語わかんないから説明する時ダラダラと長くなるという俺の悪い癖も、
ジンガイ(外人)さんには親切と思えるようだ。それは収穫かもよ。。

さて、肝心の彼女の写真。そりゃプロ写真家のローィーやandie smithと
比較するのは彼女が可哀想なんだけどさ、なんていうか感性が俺に近い
んだよね。。花の写真が多いしアングルも俺の写真にも似てる。
でも、もっとはっきり言っちゃうと俺の母親に近いような気もする。。
俺以上に母親の撮った写真に雰囲気が似てるかもしんない・・
全然わかんないんだけど、なんとなくご年配のような。。
ちょっと残念な気もするが、ほんとに彼女は親切だしこれからも
今までどおり仲良しでいく予定

で、どうするよ>俺
ヤオデコでも公開していないファーストネーム教えちゃうか
ワルになりきって適当な名前でごまかしちゃうか

すっげーいい人なんでテキト~ネーム教えちゃうと
聖人と言われた俺の良心が痛むのよね。。

教えてあ~~げよ。。
絶対に見に行かないように。。
ヤオデコでは匿名だから。。。

では。。


2008年06月07日 | Comments(4) | Trackback(0) | flickr関連日誌

サンフランシスコ写真白書(San Francisco 94103)

Rain of red dirty town

ミネソタの田舎からいきなり都会であるサンフランシスコへ転校してきた
双子の兄妹、okamekunとsaeruは毎日がカルチャーショック。今回は
どんな事に巻き込まれるか・・・。

ビバリーヒルズ青春白書」のパクリでパロディにしようと思ったが強引すぎるのとキャストが足らないんで辞めた
元ネタがわかんないと意味が通じないだろうし。



louie発


いやヤオデコ(前回の記事参照)番外編として本編以上の人気を誇る名物コーナーに
成長した(そこまで自分で言うか)CLKオカメ君(日本名:CLKおやっちゃん)のflickr日誌。


シスコに住む俺の超ナイスなマブダチでプロ写真家のlouie(まだ本当の発音がわからん。。
ローィーでええんかい?)と毎日数回写真談義っていうか教えをこうむってるっていうか
楽しくコミュニケーションしていたりするんですわ。(スゲーっしょ?英語ダメダメな俺っすよ。。、)


まあ写真に関してロ~プ~(プロ)の方とコミュニケーションしようとしても、チンプンカン
な事言って鼻で笑われるのはすっげー恥ずかしいし、最初からイロハをおせーてもらう
のもすっげー面倒って感じがするんで、ついつい唯我独尊路線を突っ走りがちな性格な
俺なんだけど、言葉の壁がそうさせるのか、お互い面と向かってないので安心するのか
常日頃、あまのじゃっきーな性格な俺にしてみれば意外なほど素直にいろいろなことが
聞けちゃったりするんだなあ、これが。

カメラの基礎中の基礎は独学っていうかC-3030zoomの取扱説明書が
すっげー親切に書いてあって数回読んでマスターできたつもりだし、
画角や撮るネタなんかは人の見て真似しながらやってきた。
特に小山卓司ファンさんとbabathegiant さん、みんこさえるには
相当影響受けてて、お手本として数分間ジ~~ッと作品を眺めたりしてる
(キショイか
その甲斐あってかYahoo!デジカメエキスパート検定を腕試しにやってみたところ
おかげさまで2級合格できた。
結局、これが自慢したかったんかい
と思われてもあれなんで、ぶっちゃけちゃうと

え~~っと、え~~っと
1級すべってもうた。。


いやはやデジカメレビューしてる身としては不徳の致すところって感じ
のような気もするがカメラに凝ってからまだ半年も経ってないし、予習も
してないし、最近カモガヤの花粉症でクシャミ止まらないし、大雨降ってたし
仕事中だったし、昼のオカズは俺の大嫌いなものだったし、言い訳はいくら
でもある。仕方ないっちゃ仕方ない (よね
黄金分割ってなんやねん。。  普通そんなもんしらんよな。。

話を戻そう
シスコのロープーlouieから最初に教わったのは撮影技術の向上はもちろん
だが、レタッチの技術も習得すべきということだ。俺もflickr見ていてな~んとなく
気付いてたんだけど、彼らは自分の撮った写真をよりよく見せようと努力する。
プロなんで写真で飯食ってるんだから当たり前っちゃ当たり前なんだけど。。

俺も含めて国内だとレタッチするのはな~んか卑怯っていうか
後ろめたさを感じちゃったりするような気がするんじゃないだろうか?
露出補正や彩度いじったり、色温度いじったり、トリミングとか普通に
やるべきことなのに、彩度上げました。とかトリミングしました。
とか申し訳無さそうに書いてあるのをよく見るし、俺自身も
書きたくなる。逆にデジカメがはきだした画像がすっげー
いい感じなら、何もいじってませんってついつい自慢したくなる。

特にHDRは重要な技術なんで勉強しろってアドバイスされた。
「Photomatix Pro」を推奨された。Photoshopよりも使いやすい
らしいぞ。

今までレタッチはPICASAとSilkypixFREE、画像整理は
PhotoshopAlbum使ってた。HDRに関してはlouieが推奨する
PhotomatixのFREE版でやってたんだけど、いちいち用途に
よってソフトウェアを使い分けるのもメンドいし、そろそろ俺も
PhotoshopCS3買わなきゃなあって思ってた。
でも今回のlouieの一言で踏みとどまることにするぜ。。

話がマジすぎた。。

さて、louieの話しの続き。。

彼曰く、センサーの大きなカメラを使うべきだ。らしい。。
センサーというのはCCDとかCMOSといわれる撮像素子で
何万画素とかいうあれだ。あれ。
画素数を気にするより、なるべくセンサーのデカいカメラを買いなさい
とのこと。彼はフルサイズCMOSのCanonの5Dを使っている。

「おお、友よ、君もCanon5Dを使うと世界が変わるよ」

とのこと。Bokeh(←彼がこのスペルで”ボケ”について語ってた)を出すにも
有利だし、表現力がAPS-Cサイズのセンサー(通常のデジイチ)とは全然違う
とのこと。しかも、アダプター付けてNikonの明るいEDレンズで撮ってる
らしい。

ライカについては彼はコレクターでビンテージなレンジファインダーや
3000~10000ドルするレンズもコレクションにあるそうで、最高らしい。

「君も買うべきだよ、CLKokamekun」

ってアホ言え、louie
うちのどこにそんな金があるんじゃい

(↑あくまでも心の声ね。。こんな返事したら相手してもらえんくなる。
このブログ読んだ人louieにチクるなよ。。


俺がメルセデス乗ってるんで相当セレブっちゃってるって
勘違いしまくってるようだ

「俺はあくまでもアマチュアフォトグラファーだぜ、ローィー。
ワイフの賛同を得られないよ。。君のように上手くなって
ワイフにわかってもらえるよう努力するよ。。」

ってな~~んか洋画の吹き替えのセリフのような
返事を返しておいた。
これなら友情も壊れないはずだぜ。。

まあ何はともあれ俺にとっても彼との親交はすっげー勉強になってるし
日米間の親善に一役買ってるわけだ。ほんと、flickrは楽しい。
って最後まで自慢し続ける俺であった。ムハハハハッ

では、諸君また。。。ムハハハハッ
(クドいぞ>俺
2008年06月05日 | Comments(2) | Trackback(0) | flickr関連日誌

第499回「外国語話せますか?」

IMGP0081.jpg


トラックバックって何やねん。。
ってず~~っと思ってたんだけど
FC2からのネタ提供なのか
とりあえずタイムリーな話題なので乗ってみた。

学生のころはそんなに英語苦手じゃなかったし
英語ができるとオシャレ度が高いって感じで
クラスの女子からの目線が違ってくるじゃないっすか。。

俺らの歳っていうか、世代っていうか、もしかしたら
通ってた学校だけかもしれないけど、中学校に入ると
みんな洋楽聴き始めだしてツイストやゴダイゴやサザン
がスッゲーダサいって風潮になり、ビートルズや
ビリージョエル、オリビアニュートンジョンやドゥービーブラザーズ
やイーグルスやアバやビージーズやTOTOなんかがオシャレ度
近道って雰囲気が漂いまくり。
詞の意味わかんなくてもカッチョええって感じに
み~~んななってた。

学校で好きな女子の前でさりげなくそれらの洋楽の詞を
口ずさむと

「へへへ、こいつ、俺に惚れるんじゃねぇか

って甘い期待をしながら
デタラメなインチキ英語で真顔で口ずさんだりして調子ぶっこいてました。
(恥ずかしすぎるぞ>当時の俺

脱線しすぎ>俺
話を元に戻しましょ・・

英語を話すってことは、話すってことはだ。。つまり・・・

「英語を耳で聞き取り脳内英和辞典で翻訳し、理解し、返事を考え、再び、脳内和英辞典
で翻訳し、発音っていうこれまた超スペシャルな難関フィルターを通して口にするって行為」

な訳だ。

俺にとってはとてつもなく敷居が高すぎっていうか、過去現在未来においても
絶対に無理な訳で、話せる奴はマジでスッゲーって思ったりする。
逆に言うと(逆でもないか)そいつの爪を煎じて飲めば英語話せるようになるなら
いくらでも飲んでやるって感じ。


それでも、ヒヤリングがほとんど重視されない俺が通ってた当時の学校英語の
場合、見たことも無い専門用語のような単語が並んで無い限り、雰囲気っていうか
わかる単語と単語をテキト~に繋げてそれっぽい動詞加えて訳してたらなんとな~く
だけど理解できちゃって、テストでも上手いこと切り抜けることができてたかもしんない。
(「得意教科:英語」って激しく勘違いしてた時期もあったし。。


新婚旅行の時、ホテルでフロントからの電話で
全然、訳がわかんなくて女房に

「中学1年レベルの英語がわかんないの

って罵られた。。


現実に英語が耳に入ってきたら中1レベルの会話はおろか理解さえで
きなかったりするお馬鹿な俺。

flickrやり始めて何十年ぶりかに英語と向き合ってみて自分の脳の劣化に気付いた俺は
潔く、文明の利器に頼ってる。
エキサイト翻訳はほんとうに便利だ。
ただ主語述語をきっちり入れないと上手く翻訳できてないみたい・・。
flickrで最初のマブダチであるローイーに思いっきり突っ込まれた。

突っ込まれた場面

http://flickr.com/photos/21491133@N02/2508016468/

「ポートレートは娘だけなんで羨ましい。」

って書いたつもりなんだけど

「肖像が娘にすぎないので、私はあなたをねたみます。 」

無茶苦茶である。
エキサイト翻訳で外国人とやり取りする場合
和英英和の両方を併用することをオススメする・・。
2008年05月27日 | Comments(6) | Trackback(0) | flickr関連日誌

flickrで勝負。。その2

IMG_0262.jpg

おなかがすいたらフリッカー(ってそりゃスニッカーズだろ

まあこのCM知ってる人は若者と呼べる時期を遥かに越えてるし
誰にもわかんないだろうから許してちょうだい。
最近の俺はデジカメコレクションそっちのけでflickrにハマリまくってる。
カメラというのは「撮ってナンボ」で集めることが最終目的じゃないってようやく気付いた超おバカな
俺はflickrにどういう写真を貼ろうとか考えるようになっただけでも成長したと言える。
ぶっちゃけ写真撮るの苦手で写りの良さとか使い勝手は評価できてもセンス無いし撮るの好き
じゃなかったんよね。。(何のための収集なんだつぅーの
まあ俺はflickrにハマリまくってて三度の飯よりも好きになりかけてるって事ですな。
腹が減ってイライラしてきてもflickrで遊んでたら腹減ってることも忘れるかもしれんし。。
(と強引にくだらねぇオヤジギャグのタイトルを空腹感の対処方法として正当化する俺

PRO??

badge_pro.gif

flickrでまず最初に気になったのはプロフやコメントで名前の横に出てくるこの「PRO」
って書いてあるロゴ。入った頃はプロの写真家の称号だと思った。
プロマークついてる奴の写真見ると確かにスッゲーのばっかりだったし、たま~に
俺みたいなド素人っぽいスナップ写真があったりしても、俺がわからなくても
わかる人にはわかる秘蔵写真とかなんだろうなあってことで無理矢理納得してた(謎)

で、ある時、このロゴbadge_pro.gif
をクリックすると「flickrプロ写真家名鑑」って感じで
プロ写真家の名前がリストアップされるんじゃないかと思ってポチッとクリックしたら

「2年で47ドルだから入ってみろよ  1ヵ月わずか2ドルですぜ、旦那

みたいな事が書いてあるような気がしたのでウィザートを進めてみたら
VISAマークが出てる。

ようやくここでこのプロマークの意味が理解できた。無料のアカウントだけじゃ
flickrの収入源は広告のみか?YAHOO以外、広告らしきものがあまりないんで、
flickrはなんで生計を立ててるのかわかんなかったりしてた。日本のphotohitoなんか
だとカメラの広告だらけだし価格COM直結で商売っけありありだ。
容量が増えたり、何か特典のあるアップグレードで銭を稼ごうって魂胆なんだろう。

こういう場合、普通の人なら楽しいWEBサイトでも商魂が見え隠れするとドン引きで
「なんだかなあ」って思うんだろうけど、俺はこのPROマークに憧れみたいな感情が
既にあり、気付く前の俺みたいに、こういう仕組みの知らない人が見たら

「CLKオカメ君ってプロの写真家なのかしら。。。ス・テ・キ

とか思っちゃうんじゃねぇの~~ってまたしても自分勝手な妄想が働きまくり
センスの無いド素人の俺の写真もこのロゴによって輝いて見えるかもしれないし。。
(無理????
まあとにかく入るしかねぇべって感じ。安いのに越したことは無いし、飽き性な俺は2年後も
flickrにハマってるとも思えないんで1年24ドルコースを選んで決済したぜ。。
めでたくbadge_pro.gif
をゲット!!

よ~~く考えてみると
俺は無謀にもUPグレードの内容を全然調べずに入ったのである。
このロゴマークが欲しいだけで
2500円を支払った大馬鹿者

って噂もあるが、箔が付くっていうかやっぱあると無いとでは印象違うっしょ。。
なんでも格好から入る俺らしいっちゃ俺らしい。
実力が伴わないのが悲しいけど。。

DSCN0250.jpg



2008年05月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | flickr関連日誌

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。