スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

FUJIFILM FINEPIX F200EXR

Narrow torii

真打登場?


2ヶ月半ぶりの更新。いやはや、

復活宣言しときながら、そりゃねぇぜ 

ってな感じなんだけど、何を隠そう実は結構マメにflickrの方は更新してて、
毎週のように写真撮りまくりな俺。逆に言うと以前よりも
写真熱が燃え上がり気味な俺なのだ

なんで燃えまくってるか?

F200EXRが凄すぎるから

って答えちゃうほど、このデジカメを気に入って持ち歩いている。
何が凄いのか。全部凄い。いや、本当は弱点もほんのちょっとだけ
あるにはあるが、その弱点でさえ可愛く思えるぐらい素晴らしい。

一枚目の鳥居の写真を見てよ。
自分で言うのもアレなんだけど、いい色してません?
EXIF見ると「Olympus F200EXR」って訳のわかんない名前付いちゃってる
けど、これはOlympus Master2で明るさと彩度を調整したから。でもEXIFにソフト名
足すだけじゃなく、書き直しちゃうOlympus Master2はどうなのよ?
重いけど効果がいいし、FREEでタダだから使ってるけど、この辺は
もう少し控え目にしてほしいところではある。

話戻すとこの写真の色はどうでもいい。っていうか、Olympus Master2で
彩度上げちゃってるからキュートな色に仕上がってるだけ
それより注目すべきは明暗の幅。明るいところから暗いところまで
きちんと描写できてるっていうか色が付いてるっていうか、古いデジカメ
じゃなかなかできない技をサラリとやってのけてしまう優れものなのだ。

古いデジカメ、特にNikonのデジカメ(E5000や5400あたり)だと、明るいところは
真っ白(白飛びと言う)で暗いところは真っ暗(黒潰れと言う)で
結局写ってる部分の明暗が狭い感じで、

「見た目と全然ちゃうやん

ってことになりがちだったと思う。これはデジカメ、特にCCDの小さい
コンデジの宿命っていうか、ダイナミックレンジの狭さのせいなのだ。
富士フィルムはデジカメ黎明期の頃から、このダイナミックレンジの狭さを
克服すべく、自前のCCDで頑張ってきたようだ。

Kamiike and Higashiyama Sky Tower
EXRモードDR拡張800%で撮影

暗いところも潰さず、空の色も写したい


さて2枚目の写真。一見してごく普通の写真に見えるのだが、実は相当凄い。
木々の濃い緑や池、タワーもそうかな。こういった暗い部分を残しつつ
青空や雲もバッチリ写ってる。かつてのデジカメ、2006年以前なら
どちらかを犠牲にしなきゃいけなかったはずだ。いや、富士以外の
最近のコンデジでもここまでダイナミックレンジ広くないかも。。。
批判を覚悟で言わせてもらうとそこいらのデジイチよりダイナミックレンジは
広いかも。。。
素晴らしい


鶴園前通り Tsuruenmae Street.

伝統の高感度撮影も健在

finepixっていうか富士フィルムと言えば高感度。三脚無し、フラッシュ無し、EXR高感度優先で
夜の街を撮ってみた。
結論から言うとグレート
節電の影響で結構暗い場所でもシャッター速度1/100~1/150ぐらいなんで全くブレないし、
ISO1600ってめっちゃ高感度なのに、ノイズも少なく、綺麗に撮れる撮れる
驚愕のデジカメF200EXR。


笑笑 Warawara

無敵に近いコンデジ史に残る名機中の名機

デジイチもカモれるぐらいワイドなダイナミックレンジ。CANON機やNikon機とは違う
分厚い色乗りの良さ。サクサクした動作。ISO1600という高感度でもサラリと綺麗に
写しちゃうパワー。すべてが高い次元で、これがあればもうコンデジが要らないんじゃ
ないかって思うぐらい満足度の高いデジカメである。操作性もF100FDよりいいと思う。
EXRモードのDR優先にして少しアンダー(暗め)に撮って後で明るさを持ち上げると
他のコンデジとは別世界の写真が撮れる。
完全無欠と言いたいところだが、僅かな弱点もある。まず、AF。
コンデジと一眼のAFを比べるのは滑稽だが、AFの精度、速度ともに
ちょっと前のコンデジ並。高画素数化、高感度化、ワイドレンジ化と
すさまじい進化があるのに、AFはなぜ進歩しないのか。
ぶっちゃけAFだけ見れば10年前のオリンパスのC-4040ZOOMと変わらない感じ。
銀塩時代からの技術の蓄積で飽和しちゃってるんだろうか?
デジイチのAFがめっちゃ早いだけにイマイチ納得できない。
あとAE。これはワイドレンジを生かすためなのか常に二段階から三段階アンダーだ。
撮ってから明るさを持ち上げることを前提としているのだろうか?
この二つの癖を頭に入れておけば失敗無く、いい写真が楽勝で撮れるナイスな
カメラ。F200EXRは絶対にイチオシのデジカメだ
スポンサーサイト
2011年05月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | FUJIFILM
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。