スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

CLKおやっちゃん(英語名:clkokamekun)Explore初ゲット記念企画

「flickrの偉大なる写真家たちVOL.1」


予告どおり記念企画を開催するわけですが、最初にお決まりのお約束事を。。。
今回の写真は作者の了解を得て俺(clkokamekun)の責任の下、掲載許可を
得ました。ゆえに如何なる場合においても無断での二次利用および転載することを
禁じます。写真を転載及び利用する場合、作者の許可を得る必要があります



entry1: テキサスの美人フォトグラファー
andie smith

most photographed umbrellas

テキサスのフリーランスのプロ写真家、アンディスミス。彼女の写真は常にエレガントな
印象で、身近なものから風景、ポートレートまで彩度のやや高いオシャレ度の高い写真が
素晴らしい。また、HDRや魚眼レンズも得意で、いろんな新しいことをサラリとやってのける
んだけど、その中でアメリカントラディショナルな雰囲気を残すところもすごい。
彼女の愛機はCanon5D。フルサイズCMOS搭載のベストセラーデジイチだ。
今回、登場する4人に、

「俺のブログに3枚写真を掲載したい。あなたが選んでもいいし、俺が選んでもいい。」

ってメールを送ったんだけど、他の3人は

「OK、okamekun、君が好きなのを選んでくれ」

と返事が着たのに対して彼女だけ自分で選んできた。その点からみても
彼女のプライドの高さが伺える。今日掲載する3枚はandie smith自身の自信作
である。俺は彼女の写真を見て「HDRをやろう」って思ったのだが、彼女の鮮烈な
HDR作品を掲載できなかったのがちょっと残念。

といいつつ、この一枚目の写真もHDRだったりするのであった。
女性らしい色使いと構図が美しい。

Take 2

この2枚目は彼女らしさが出てる一枚。とってもアメリカンしてる。
ど素人の俺の場合、もうちょっと引くか寄って横位置で撮っちゃったり
して平凡な感じになっちゃったりするんだけど、縦で空を大きく取り入れ
て車やサーフボートを引き出してる。パッと見だと良さがわかりにくいかも
しれないけど、実際目の前がこういうシュチュエーションだったらって想像
してみるとプロとの差を感じまくる作品かもよ。色合いもシックで素晴らしい
処理だ。PhotoshopCS3欲しい。。。



remember the alamo

最近の彼女の作品には少ないモノクロ。このチョイスは意外だった。
この威厳のある建造物の雰囲気は出ている。二枚目の写真もそうだけど
四隅をわざとケラレっぽく処理している。それに加えて写真外側をわざと
流してるのも高度な技なんだろうか?技術的に詳しい方の解説を求む。。。

アンディスミスの写真。俺的にもっともっとすごいのが大量にある。
彼女のサイトやflickrのPhotostreamで満喫して欲しい。特にHDR。
HDRに関して彼女は俺の最高のお手本である。

アンディスミスの運営するサイト
http://www.eight18photography.com/
アンディスミスのPhotostream
http://flickr.com/photos/andiesmith/

entry2: 衝撃のファーストタイム
Ade.F

2587464851_7c56d13c65.jpg

イギリスの写真家Ade。彼の写真は英国人の気品を感じさせるモノクロや
彩度抑え目な物が多い。特にこの一枚目の写真。ぶっちゃけ

「ナメとんのか

ってぐらいシンプルこの上ない写真なんだけど、構図からやフォーカス、
光の当て方まですべて計算されてて、一粒のピスタチオがとても印象的
である。マジで俺の頭の中に焼きついて離れなかった写真。
彼のカメラはOlympusのE-510。

flickrやブログでいろんな人の写真見てるせいか最近撮った写真見ただけで
CanonかOlympusの見分けは付くようになったかも。
どちらにしろ彼の渋い写真の多くはこの510とZUIKO DIGITAL35mmという
単焦点レンズから繰り出されるのであった。
(ピスタチオ買ってきて真似してE-300でやったけど全然ダメだったかも。。)


2664736274_a9588a573b.jpg

お爺さんのポートレート。彼の写真にはタイトルもなければ説明文も無いものが
多いのだけど、この写真には説明文があった。街のフェスティバルに参加した
ジャズバンドの演奏に失望した老人らしい。英国調スーツ、ハンチング帽、老人の
表情。手を組む指の動き。モノクロと余りにもピッタンコっていうか、決まりまく
ってる写真だ。描写もすっごく細かい。ZUIKO DIGITALのレンズのポテンシャルを
思いっきり引き出してるように思える。


2714599822_5406aaf501.jpg

美しい風景。花や虫のマクロ。モノクロのポートレートや景色など引き出しの多い
彼だが、こういったものを撮るのは意外だった。
っていうかこれ水滴?水銀?どうやったらこんな写真が撮れるわけ?
NDフィルター付けてシャッター速度遅くしたり、バルブ撮影とかじゃ
飛んでくる水滴が流れるはずだし、連射して後で合成して多重露光風処理?
まさか、まさかの切り取り加工?いやこんな自然に切り貼りできない。
やはり、連写後合成なんだろうか?詳しい方の解説求む。。

Ade氏のPhotostream
http://www.flickr.com/photos/adesphotos/
↑彼の鋭い視点での写真は絶品揃い。超オススメ


実は、このAdeさん。俺の加工の最大の理解者だったりする。

「CLKよ、君のtreatment(処理方法)はずば抜けてる。素晴らしい。

って相撲写真をべた褒め。まあ社交辞令かもしれないけど
何回も何回も言われて、その気になっちゃてるかも。。
と最後に自分の自慢をして第一回の締めっくくるのであった。

第二回は来週末を予定しています。今回は比較的渋めの
写真が多かったですが、次回は派手な作品が中心になると
思います。

差し出がましいですが、できれば掲載写真のご意見、ご感想を・・。
本人に伝えますので。。ぶっちゃけ、手土産が無いと気まずいんで











スポンサーサイト
2008年08月02日 | Comments(18) | Trackback(0) | 総合
コメント
なんて形容したらいいのか、
いい言葉が、思い浮かばないけど、
とても味わい深い、素敵な写真ばかりですね。

技術的な事は、何も分からないけど、
とても感動しました。
写真の道の、奥深さを感じました。

こんな素敵な先輩達がいたら、
「いつか自分も・・・」って、思ってしまいますね。
頑張って下さいネ♪
紫陽花 URL 2008年08月02日 16:45:07 編集
>紫陽花さん
コメントありがとうございます。
6枚とも粒揃いですが彼らの写真の魅力は
3枚ではとても言い表せません。
俺の中ではホンモノ中のホンモノっていうか
雲の上のそのまた上のような写真家です。
ぜひリンク先の写真も拝見してみてください。

彼らに追いつけないにしても
彼らから何かを学び吸収したいと思っています。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月02日 17:44:32 編集
私の経験では・・・
どの程度流れているかはわかりませんが、外周辺りが緩やかにまわるように流れているのなら、ドイツ(もしくはロシアのコピー)の古いレンズを開放で使っているのかもしれないです。
私たちはよく、
「グルグルがでた」
って苦笑いさせられます。

あと、ニコンレンズなんかはコントラストが強いので画像処理でコントラストをさらに上げていくと硝子や水滴が金属っぽい仕上がりになるコトが多いです。

とか何とか言いながら、見惚れますね~ ^o^
ta92 URL 2008年08月02日 17:51:57 編集
スゴいなぁー
素晴らしいね~
アンディさんのももちろん好きだけど、個人的にはAdeさんの写真が好みー。
アンディさんのは何度か見た事があるけど、
Adeさんの写真は初めて見たー(←flickrサボり過ぎ・・:汗)
やっぱ、すごいなぁ~
心臓ドキドキする~スゴい写真たちを見ると。。。
さえる URL 2008年08月03日 00:24:12 編集
>ta92さん
コメントありがとうございます。

なるほど「グルグル」ですか。
周囲を流すのも味があっていいですよね。
コントロールできない分、さじ加減が難しそうです。
レンズの特性を知り尽くした上でやってるのか
たまたま出たのか微妙な感じがします。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月03日 18:55:41 編集
>さえるsun
Adeのモノクロたまらんよな?(笑)

カリカリの解像で明るさ加減が絶妙っていうか
趣味がいいっていうか、他に犬の写真とか
海とヨットの写真とかあるんだけど、もう完璧
アートの世界。flickrに親父譲りの凄腕な息子とか
もいるんだけどAdeに比べたらまだまだかも。。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月03日 19:00:25 編集
面白い企画を思いつきましたね!
2枚目のバンとお爺さんの写真が僕のお気に入りです。
小山卓治ファン URL 2008年08月03日 21:15:06 編集
はじめまして。
いろいろ勉強になります。
お爺さんの写真いいですね。
顔の皺とかいい感じに写っています。
階調も普通だと、もっとローキーにしそうだけど、
この階調もいいですよね。
koya1484 URL 2008年08月04日 00:54:06 編集
>小山卓治ファンさん
お爺さんいいですよね。
日本だと肖像権だとかプライバシーの侵害だとか
いろいろ問題あるんでなかなかここまでガチッとした
ポートレートが撮れないのが残念です。(汗)

ゆえにポートレートの練習のために
撮影会に行ったりするんですが(笑
CLKおやっちゃん URL 2008年08月04日 18:43:22 編集
>koya1484さん
はじめまして。
実はkoyaさんのブログ何回か拝見させていただいてます。(汗)
素通りして申し訳ございません。

なるほど。
俺もモノクロにした場合
もう少し暗いほうがいい雰囲気かなあ
って思いシャドウをあげてしまいます。
この階調がこの写真全体の雰囲気を
掌ってるのかもしれませんね。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月04日 19:07:30 編集
同じカメラとレンズを使って世界中の人がどんな写真を撮るか?
そんな興味からhttp://www.myfourthirds.com/ をよく見てました。
Adeさんの1枚目が一番好きです。
ballwell URL 2008年08月04日 21:01:21 編集
なんか・・・・・・・
言葉がでないっす
息が苦しいような変な感じ・・・
すごい!すごすぎる!
そしてオカメくんは日々こういう写真たちを見ているのね・・・・・
あのね、知っての通りみんこは
勉強するのは嫌いなんだけど
感動するのはいいことだね。
みんこ URL 2008年08月04日 22:11:30 編集
> ballwellさん
コメントありがとうございます。
今からmyfourthirds見てきます。
E-300がどんな写真を生み出しているのか
興味津々です。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月04日 23:36:19 編集
>みんこ
いや、俺から言わせると
俺や他のアマチュアカメラマンが
持ってなくてアンディスミスが持ってる
何かをみんこは持ってると思う。
お世辞抜きでマジで。

何かうまく言えないんだけど
勉強したり真似したりしても
なかなか得るのが難しい何かが
みんこの写真にはあるような気がする。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月04日 23:41:07 編集
凄いですね!
今晩は!いや~!凄いですね!ホント圧倒されてしまいました!
出遅れてしまいましたが、良いものを見せて頂きました♪
アンディスミスさんの作品は特に垢抜けて大胆でシンプルな構図が素晴らしい2枚目に
引かれました!繊細でカリカリした線の雰囲気もなんともいえませんね(^^)

Adeさんの、やはり繊細な色彩と垢抜けた印象はもう素晴らしいです!
隙なく完璧に決まってますね!
お二人ともプロの方なのかな~・・なんか凄いや・・
こういう作品を日々ごらんになっていたら得るものは
大きいんだろうな~って思っちゃいました♪
haru URL 2008年08月05日 23:09:18 編集
>haruさん
コメントありがとうございます。

アンディはプロです。Adeは仕事でカメラは使う
ってことを言ってました。英語力がないんで
プロなのか職場で撮影を時々するのか、写真屋さん
なのかよくわかりませんが。。(汗

垢抜ける。。。
そうなんですよ、その辺りが凄いんです。
でも逆に綺麗過ぎて逆に泥臭さに欠ける
ように感じはありますよね。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月06日 05:46:25 編集
どれも印象に残るお写真でした。
1~3枚目は対称を意図したお写真だと思うのですが
それも意図的かまたは偶然か、こういうお写真ばかりを撮る方なのかな?
どれも色の使い方が素敵だな~、と思いました。
4~6枚目は構図に気持ちよさがあります。
上手いな~って、素直に思えるお写真です。


babathegiant URL 2008年08月06日 06:55:31 編集
>babathegiantさん
コメントありがとうございます。

なるほどシンメトリーですね、よく見ると。。
全然気付きませんでした。
シンメトリーやシンメトリーに近い写真が
多いかもしれません。そういうことに気付かれる
babathegiantさんの眼があってこそ、カッコいい
お写真が撮れるんだって感じました。
CLKおやっちゃん URL 2008年08月06日 08:50:00 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。