スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

大相撲

Bow / 礼
Bow/礼

大相撲ファン

今日は大相撲七月場所の中日(なかび)。
ガキの頃って場所があると、学校で相撲の話したり、実際に相撲とったりして
野球、プロレスに次ぐぐらいの人気があって比較的身近なスポーツだった
ような気がする。

当時は誰でも自分の好きな力士がいたし、相撲にあまり詳しくない子でも5力士の
名前は知ってたはずだ。ガチャポンで力士の形をした消しゴムのシリーズが
あり、それを紙相撲のように台の上に乗せ、揺すって勝敗を決めるという遊びが
流行りまくった。この遊びはスーパーカー消しゴムをプッシュ式ボールペンで
弾いてどっちが速いか(どっちが飛ぶか)というゲームと並びガチャポンから
派生した遊びの双璧と言えよう。

そんな俺のガキの頃のアイドルは「高見山」、当時の力士は今以上にキャラが
立っており、憎たらしいほどの強さを誇る北の湖や二枚目力士で人気の貴ノ花、
揉み上げが渋い魁傑、後にプロレスラーに転身した輪島、歌手もやってた増位山
後に横綱まで上り詰める若三杉などバラエティに富み、国技と呼ぶにふさわしい
人気と威厳があったような気がする。

その後、千代の富士という不世不出の大横綱が現れ、若貴ブームで大相撲は
人気のピークを迎える。しかしながら俺は大相撲というスポーツがな~んか好き
になれなくなり、新聞の相撲の記事や星取表はおろか、スポーツニュースの
相撲コーナーが始まるとチャンネルを変えてしまうようになっていた。

時は経ち、俺に転機が訪れる。息子が小学校に入学した頃だったと思う。
彼は相撲に興味を持った。まあ、子供が大きなお相撲さんがぶつかりあう
のを見たくなるのも自然だと思う。でも息子の場合、あきらかに他の子供と
違う見方をしていたのだ。
相撲中継が始まる頃から結びの一番までTVの前で力士を凝視している。
俺が最も相撲に興味があった時でも、三役と前頭上位もしくは人気力士の
取組以外は見たいと思わなかった。普通の子供でも多分早くて5時すぎから
TV付けて三役以降の取組+高見盛が見れたらラッキーなんじゃなかろうか?
小学校低学年の子供が

「ちきしょう皇司やられた」とか「豊ノ島よわっ」とか「北桜おもしろい」とか

相撲ファンはともかく、一般人にはマイナーな力士の四股名を覚えるどころか
顔と名前が完全一致。恐るべき相撲マニアになっていたのであった。
(まあ毎日最初から最後までずっと見てたら覚えて当然だろうけど。。)

Practice in morning2 /朝稽古2
Practice in morning2 /朝稽古2

そんなマニアックな息子の影響で俺自身も相撲を見るようになった。
ガキの頃のように漠然と勝ち負け中心に見るのではなく、力士の技や癖、
また対戦相手との相性とか細かい部分まで見るようになった。
 息子はまだそこまでの知識はなく、俺がそうなったのは舞の海さんと
北の富士親方の解説のおかげである。北の富士親方の手厳しい解説と
舞の海さんの非常に細かい解説は本当にわかりやすい。二人とも元力士
であるにも関わらず、滑舌が良く非常に聞き取りやすいというのもある。
 尾車親方(元大関:琴風)は聞きとりにくかったりする。
(「おっつけ」が「おっちゅけ」に聞こえる

相撲に再び興味を持って数年、七月場所になると、家から半径10km以内に
相撲部屋の宿舎が4件もあることを知った。被写体としては最高っていうか
何しろデカいんでカメラに収めがいがある。朝稽古を見に行かなくては
ってことになって一番近くの片男波部屋を見に行くことにした。実は俺の写真は
京都と静岡の数枚以外すべて家から5km以内だったりする

幕内力士は二人。玉乃島関と玉春日関。
土曜日の朝稽古は玉春日関、日曜の朝稽古には玉乃島関が
軽めの稽古をしていた。幕内力士は軽めの調整なんだってことを知った。
玉春日関も玉乃島関も腕立て伏せばかりしていた。昔デブの友達が
まったく腕立て伏せできなかったんで意外に感じた。まあ立会いも組んで
からも腕力は絶対に必要なんでできなきゃおかしいんだけどね。


幕下以下の稽古は本当にハード。泥まみれになって頑張っていた。
あと、稽古のとき、白いまわしを付けたのが力士、色のついたまわしをしてるのは
幕下以下だそうだ。

玉春日関は今日も負けて8連敗。明日は頑張って欲しい。

Practice in morning /朝稽古
Practice in morning /朝稽古

写真は3枚ともハードな調整を施した。加工じゃなくて調整
特に一枚目は昭和のメンコやプロマイド風な色合いでいい感じかもよ

追記あります。
加工してない証拠品(笑) 調整っすよ。。調整。。


DSCN0757.jpg

RIMG0078.jpg

スポンサーサイト
コメント
お相撲さん来ました!
これぞニッポンって写真ですね。
個人的には3枚目が好きです。
ちいすけ URL 2008年07月20日 21:00:15 編集
3枚目が特にいいですね。
力感がすごくあふれていて迫ってくるものがあります。
それにしても、幕内力士が身近で見られるなんて!
実にうらやましいかぎりですよ。
ballwell URL 2008年07月20日 22:31:00 編集
迫力ありますね!
今晩は!お相撲さんの写真迫力ありますね!劇画タッチで、素晴らしいです!皆さんのおっしゃるように3枚目が自分も好きです!子供さんもこんなに間近で見ることが出来たら大喜びでしょうね(^o^)

そういえば春、旅先の金沢で21世紀美術館で、素晴らしい公募の写真の展示を見たのですが、50%以上がもうグラフィックデザインの世界でした!これからの時流に乗っておられるお写真だな~って思われました!ただ写真を写すより、ずっとセンスや感性が必要な世界と思われますので、とってもうらやましいです(^o^)
haru URL 2008年07月20日 23:47:43 編集
>ちいすけさん
アメリカ人っていうか外国人が
日本を紹介する時の色合いとか
雰囲気を目指しました(笑)
サムライ、ゲイシャ、フジヤマ
そんな感じですよね。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 06:24:47 編集
> ballwellさん
コメントありがとうございます。

実は3枚目、手前の力士が邪魔だなぁって
カメラを構える前は思ってたんです。
で、カメラのモニタ見てて、ビビビッとひらめいて
後ろの組んでる二人の力士がぶつかったところ
を狙ってシャッターを押しました。
この構図で20枚ぐらい撮ったんですがうまく
いったのはこの一枚だけでした。(汗)

一番気に入ってるんですけど
flickrでは1枚目のほうが人気でした。
わからんもんです。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 06:33:59 編集
>haruさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、本当は写真本来の姿で
出したいんですけど、どうしてもいじくり倒さない
と気がすまなくなってしまいました。(汗)

最近の若い人や子供達は
相撲自体がかっこ悪いスポーツって
思っている方が多過ぎると思います。
そんな人たちに対して相撲の面白さ
カッコ良さを伝えようとしている舞の海
さんにリスペクトされた感じの3枚です。

この写真を見て相撲に興味のない方へ
少しでもメッセージできたらなあなんて
都合のいいことを思っちゃったりします。(汗)
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 06:46:58 編集
おはようございます
どれも迫力のあるしゃしんですね!
相撲は詳しくはないのですがこの迫力には参りました(^^♪
こうして見せていただくとかっこいいですね!
nen URL 2008年07月21日 07:07:53 編集
>nenさん
コメントありがとうございます。

そうなんです。格好いいんです。
泥だらけ汗まみれになって
稽古してる姿は例え幕下だろうと
序二段だろうと本当に感動します。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 09:08:21 編集
すごーいっv-410
オカメくん!かっこいいよっ!
写真がねっv-433
マジで外人さんウケかなりよさそうだねぇ~~
調整(笑)かなりいい感じ♪

スーパーカーけしごむv-411
懐かしすぎ~~~~~~


息子さんは相撲マニアかぁ~
シブイ♪
みんこ URL 2008年07月21日 09:47:34 編集
私も若貴の前頃から相撲を見る機会がグッと減ってますね。
これは地方巡業ですか? 東京だと相撲部屋を見かけても、(地元の人は分かりませんが)気軽に入れる雰囲気ではないので、稽古風景は見たことがないですね。
PENN URL 2008年07月21日 10:50:39 編集
>みんちゃん
>写真がねっ

俺も十分カッコいいんだけど(笑)

息子はスポーツオタっていうか
野球にしろ相撲にしろ、見てると
呼んだり話しかけたりしても聞こえ
ないぐらい集中しちゃってるんだわ。(汗)

その集中力を学業に生かしきれないのが
息子の最大の弱点だったりするv-12
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 11:12:33 編集
>PENNさん
コメントありがとうございます。

本場所中の朝稽古です。おとといと昨日です。
土曜日は30人ぐらいの見学で昨日は50人以上
見学者が居ました。

各地方場所の宿舎と違い
東京は閉塞的というかかなり
近づきがたいらしいですね。

名古屋(厳密に言うと大府)では
みんなカメラでパチパチやってましたし
声援したり、私語で話しこんでる爺さん
婆さんもいらっしゃいました。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 11:18:25 編集
昔の絵はがきみたいだなー
なんて思っていたら、真にそんなコンセプトだったんですねぇ
つよん URL 2008年07月21日 13:36:12 編集
>つよんさん
コメントありがとうございます。

なるほど絵はがき。。
そうかもしれませんね。メンコとかブロマイドって
感じにしたかったんです。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月21日 16:17:24 編集
こんにちは。
かっこえ~な~。
PCの前で力士の後ろ姿を眺めていました。
3枚目が特にイイかなと思いました。
私も以前近所に相撲部屋がやって来ることがありまして、
街の中に力士がウロウロしているというのを見たことがあります。コンビニで立ち読みしてたりね。
そんなことをこちらを拝見して思い出してました。
babathegiant URL 2008年07月21日 19:06:08 編集
たぶん同年代ですね。
相撲消しゴム、スーパーカー消しゴムより好きでした、どっちもかなり好きでしたが。
相撲消しゴムでは長岡(朝汐太郎→朝潮太郎)が好きでしたね、おかっぱなんですよ、それだけ。

本当の相撲で言いますと、
断然好きだったのは地元出身の栃赤城!
練習嫌い、サーカス相撲
などと揶揄されていましたが、
常に半身、天性の体の柔らかさ、
彼は一種天才的な力士でした。
地元でなくてもNo1ヒーローでした、僕には。
小山卓治ファン URL 2008年07月21日 20:00:17 編集
1枚目と3枚目・・
なんか合成で張り合わせたような不思議な感じに仕上がってますね、面白いです。 ^o^
2枚目の迫力、ホンモノですね。
ta92 URL 2008年07月21日 21:17:59 編集
>babathegiantさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよ。コンビニに浴衣姿で居たり
自転車に乗って買出ししてたりするんです。
(自転車つぶれそうe-263
CLKおやっちゃん URL 2008年07月22日 06:57:25 編集
>小山卓治ファンさん
コメントありがとうございます。
栃赤城懐かしいですねぇ。
小山卓治ファンさんらしい渋い
セレクトですね。
俺は1967年3月です。
すいません歳の割には
まだまだ子供で。。(汗)
CLKおやっちゃん URL 2008年07月22日 07:02:44 編集
>ta92さん
コメントありがとうございます。

そうなんです。不思議です。
どういうアルゴリズムでこうなるのか
訳がわかりませんが、自分の引き出し
のひとつとして大切に使っていきたいと
思ってます。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月22日 07:07:13 編集
おはようございます。

いつの写真だい!?って思ったら最近のですね。

>昭和のメンコやプロマイド風な色合い・・・

そうそう、そう思いました。
“調整”で、より魅力的で迫力あるものになってると思います。
個人的には1枚目のが好きですね。
なんかつくりものみたいで面白いし、みんなあっちを向いてるのもおかしいです。
まりっぺ URL 2008年07月22日 09:44:34 編集
こんばんわ。
迫力満点ですね、凄いなぁ劇画風のイメージがするのにビックリです。(*_*)

昔は定番の貴乃花のファンでした、アスリートとは思えない貧相なお尻と太ももに、ほっとけない(母性本能?)って感じ。
その後、朝潮関、さらに雅山関と続くんですが最近はまったくテレビ見てません。(~_~;)
ronryonr URL 2008年07月23日 22:04:27 編集
>ronryonr さん
コメントありがとうございます。

雅山。。いいですねぇ。
あの無駄にデカいって感じがたまりません。(失礼)
大関時代の強さを知らないんですが
元大関って肩書きに恥じない相撲を
時々見せますよね。
CLKおやっちゃん URL 2008年07月24日 20:06:01 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
 日本相撲協会は20日、愛知県体育館で理事会を開き、治安悪化で延期の可能性が出ていたモンゴル巡業(8月27、28日)を条件付きで開催することを確認した。今後、情勢が悪くなれば延期や中止も視野に入れるという。現地での情報収集のため、大島巡業部長(元大関・...
Newsブログ検索結果BLOG 2008年07月21日 09:36:22

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。