スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

NIKON coolpix5000(E5000)

coolpix5000.jpg

購入理由

デジイチのPENTAX *istDLに単焦点レンズを付けて撮りまくって満足感たっぷり
だったが依然として俺のデジカメ収集癖は衰えてはいない
写りや動作速度は気に入ってたがあまりにチープな作りが不満で放出した
CaplioG4wideの後継となる広角機を中心に物色を始める。広角機はすでに
Dimage7i、CaplioR1、DC48002台と揃っているのだが何かが足らない。手に
したときのステイタス感というか高級感が俺の心を満たすまでに達してないのだ。
で最初に思いつくというか誰もが「それならあれでしょ」ってことになるのがGR
DIGITAL
だと思う。当然考慮すべきモデルである。広角で抜群のステイタス。
しかも単焦点である。Takumarで感じた単焦点のキリリとしまった解像感。
ぶっちゃけかなり欲しいんだが、3万は絶対に下らない。程度が良かったり
ワイコンやテレコン付いてたりするとデジイチのキットの新品が買えてしまう。
質より量という俺のコレクションのコンセプトから外れてしまうのを避けることに
したみた。いつかは買うと思うので今回は見送って何にするか迷ったが同じ
RICOHのCaplioGX8かGXをターゲットにした。GX8なら2万円、GXなら1万
上限って感じで入札しまくってみたもののなかなか落ちない。
特にGXは

「G4wideとあんまり変わらないんじゃねぇか?」

って腰が引けてしまい最後の一手が打てずに数回逃した。でなんとなく
なんとなく「500万画素広角」ってググってみたらPowershotS60とか
coolpix5400が出てきてS60の方はS40が2台、S30が1台あるので
却下、coolpix5400を調べてるとcoolpix5000の方がCCDが大きくて
いいというレビューを読んだ。coolpix5000といえば俺が一番参考にして
いるというか勝手に師と仰いでるgakさんのページで酷評されてるし、あの
OLYMPUSのC-3030zoomを不細工にしたようなデザインに抵抗が
あったが怖いもの見たさというか賛否両論別れまくってるところに
少し興味が湧き、高いと思いながら入札してみた。翌朝起きたら
あっさりと落札されていた。これも何かの縁なのだろう。GXは以前から
何回も入札で失敗している。よほど縁が無いのかもしれない。


デザイン

手にしてみると写真でみるよりは不恰好ではなかった。写真で見る限りは
妙に高さがありC-40ZOOMのような正方形に近い形だと想像していたが
C-3030Zoomと比べてもそれほど違和感はなかった。
DSCF0014.jpg

グリップ付近を中心にドッシリしており質感が高いのは握った時点でわかる。
このデジカメのデザイン上のポイントであるフラッシュ窓は逆おむすび型と
マニアの中で酷評されているようだが俺はキモかわいい気がする。
DSCF0015.jpg

3030zoomのようにフラッシュ発光部分まんまのデザインにすると縦長の
ボディゆえにレンズとフラッシュ部分にスペースが空いてしまい、無理やり
逆おむすび型にしたような気がしないでもない。

操作性的な意味でのデザインだかgakさんが評しているように相当に無理がある。
NIKON独特のボタン押しながらのダイヤル使いまくりの操作方法はcoolpix5700
俺はマスターしたつもりなのだがそれでもかなり窮屈な体勢で撮らなければならない。
特にAFが合わなくてMFにする場合、MFボタン押しながらダイヤルを回すのは相当
キツく、AUTO嫌いで積極的にMFや絞りをいじくりまくる人にはマイナスポイントだ。
3030の十字キーの方が間違いなく操作しやすい。

DSCF0016.jpg


操作性に難があるものの全体的なフォルムは高級感があり、PowershotG2やAllegretM70
CASIO QV-4000などのヌボッとした今見るとマヌケな古典デジカメデザインを踏襲しているが
黒い分、いい意味でレトロチックな3030zoomに似てて悪くないような気がしている。
中古カメラ大バーゲンの時にニコンのレトロチックなゴワゴワしたストラップを買ったので
付けてみた。レトロ感が増してイイ感じ
5000strap.jpg


機能

524万画素。2/3CCD。28mmからの三倍広角レンズ。
使い勝手は別として、機能的には文句なし。ファームウェアのせいか
coolpix5700よりAF時にフリーズする回数が極端に少なく感じる。
これだけいろいろ機能があると使いこなしが大変だが、彩度やコントラスト
をカメラ側でいじるのも楽しいし、撮影条件を記憶させてカスタマイズ
できるのもいい。明暗のはっきりした場所や思いっきり逆光の場所に
挑戦させながらどうすれば思うように撮れるかを研究するのは
実に楽しいし勉強になる。ただし測光センサの位置に問題がありシャッターを
押す時に中指と人差し指の間を広げてやら無いと手で隠してしまうという
欠陥がある。

画質

AFは確かに遅くテレマクロしたりすると迷い子になるが噂ほどAEは悪くないと思った。
色合いはキャノンほど鮮やかではなく、オリンパスのこってり濃い口とも違う。
Dimage7iの彩度を上げたような仕上がりでcoolpix5700よりも綺麗な写真が撮れる
ことが多いように思う。(ピントさえビシッと決まれば。。)

DSCN0378.jpg
F4.4 S1/189 ISO100 ProgramAE
鳥居写真。CCDが1/1.8の3030zoomやPowershotS40などと違い、全体の画質に
ゆとりというか余裕があって、E-20にも迫るような画質だ。

DSCN0403.jpg
F4.5 S1/158 ISO100 絞り優先AE

フロントグリルあたりのギザギザが怪しい。。

DSCN0390.jpg
F4.4 S2.3 ISO100 絞り優先AE 発光禁止 三脚使用

L判プリントじゃ気づかなかったが、よく見るとドット欠けみたいな点やノイズだらけだ。
ノイズリダクションで取りきれなかったのだろうか?

DSCN0399.jpg
F5.4 S1/32 ISO100 絞り優先AE

ピント甘すぎ。AFの精度に関しては大いに問題あり。MFも使いにくいので
AFはもう少し正確にして欲しかった。

総論

質感は悪くない。3030zoomよりグリップが深く、密度が濃いためカメラを持つと
見た目より高級な感じがする。そういったカメラ自体の肌触りというか感触はすごく重要視する
ので落札前よりもかなり評価が高い。100枚ぐらいパチパチと撮ったがそんなに悪くないどころか
1/1.8インチCCDの他機を寄せ付けないものがある。AFは迷う割にはかなり雑だし、オートだと
AWBの精度が悪く色かぶりするときもあるが、時間をかけて撮影条件を決めてやればかなり
いいと思う。小さい小さいと言われるが、実際には3030zoomとほとんど変わらず、この「小さい」と
いう意味は「2/3インチCCD搭載の高機能機の割には小さい」という意味である。
gakさんの言うとおりこの小型化は操作のやりにくさに直結しており、小型化してどこにでも
持ち歩けるのに撮るのが面倒という矛盾が生じ、「小ささ」の魅力を大きくスポイルして
しまっている。
それでもこのカメラは十分に魅力的でいじり倒し甲斐があり、俺は思いっきりオススメである。
C-3030Zoomよりも外観以外はカメラらしいカメラだと思う。3000円でC-3030zoom買うなら
あと5000円追加してこいつを買うことをオススメする。

以下追記(2008/05/02)
gakさんのcoolpix5000批評で検証している異様な青強調が
俺のcoolpix5000でも再現されたので報告します。

Coolpix5000↓
DSCN0456.jpg


finepixF11↓
f11.jpg
スポンサーサイト
2008年04月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | NIKON
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。