スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Nikon coolpix 5400

DSCF0198.jpg


ドニチエコきっぷ

無性に撮りたくなった。2年かかった。
撮って撮って撮りまくりたくなった。
ヤフオクでカメラは手に入れてた。コレクションの一部は捌いたが
ほとんど残ってる。でもコレクション以外のデジカメでリスタートしたかった。
撮りたいという気持ちが簡単に萎えないように。

 Coolpix 5400 

Coolpix E5000の後継モデル。じゃじゃ馬で気分屋なE5000を小型化し、
使い勝手も良くしたモデルだが、CCDが2/3インチから1/1.8インチに
小型化されたためかマニアからそっぽを向かれたモデルである。
実際、5400の後継の8400が2/3インチCCDに戻ったのも
マニアのニーズがCCD小型化を求めていなかったことをニコンが
察知したからであろう。
E5000の後継なのにE5000よりもはるかに安い金額で5400を落札。

赤皮のショルダーポーチにCoolpix5400を入れ、ドニチエコきっぷを手に
出かけた。市バスと地下鉄何回乗り降りしてもタダだ 街撮りするのは使える。
愛車だと駐車場の心配をしなければならない。。。

DSCN5284.jpg


リハビリ。。。

最近カメラ触ってなかったとは言え、Coolpix E5000を使いこなしていた
つもりでいたんで後継機の5400も取説読まずに楽勝で使えるとナメてた
マクロのマ-クが消せないわ、測光のスポット、マルチを
切替えれないわで最初はまともに写真撮れないでやんの

相当いろんなところをいじり倒して少しずつ思い出したって感じ
まさにリハビリですな。


DSCF0199.jpg

帰った後でE5000と5400を並べてみたらボタンや十時キーの格好とか全然違ってた

E5000でもそうだったんだけど、この液晶モニタ。いざ撮ろうと露出補正すると
それに応じて暗くなったり明るくなったりはするが、それを信じて撮ると
極端にアンダーで真っ暗だったり、極端にオーバーで真っ白な写真になって
しまうという大嘘つきモニタなのだ。なんでこんな仕様なのか理解に苦しむが
この5400でも悪しき伝統は受け継がれていた。


DSCN5282.jpg

好みの設定にするとさすがの表現力

いろいろ設定を試したが、俺の好みは

諧調補正 → コントラスト強め

彩度 → マイナス1


そりゃ今時のデジカメと比べたら液晶モニタはかなり小さいし、ダイナミックレンジは
狭いし、起動もAFや保存もモッサリと遅いかったりするけど、やっぱり、いいカメラ
だなあって納得させられるほど、説得力のある絵を吐き出す。

DSCN5308.jpg

実際に5400の遠い子孫(4年後発売)のCoolpix P5000も持っていったんだけど
5400の方が撮るのが楽しくてP5000の出番はほとんどなかった。
質感の良さもそうなんだけど、各ボタン押しながらダイヤルを回して設定って
感じの操作が「撮ってる」っていう満足感を湧かせるんだよな、これが 


DSCN5310.jpg
スポンサーサイト
2011年02月24日 | Comments(2) | Trackback(1) | NIKON
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。