スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

NIKON coolpix5000(E5000)

coolpix5000.jpg

購入理由

デジイチのPENTAX *istDLに単焦点レンズを付けて撮りまくって満足感たっぷり
だったが依然として俺のデジカメ収集癖は衰えてはいない
写りや動作速度は気に入ってたがあまりにチープな作りが不満で放出した
CaplioG4wideの後継となる広角機を中心に物色を始める。広角機はすでに
Dimage7i、CaplioR1、DC48002台と揃っているのだが何かが足らない。手に
したときのステイタス感というか高級感が俺の心を満たすまでに達してないのだ。
で最初に思いつくというか誰もが「それならあれでしょ」ってことになるのがGR
DIGITAL
だと思う。当然考慮すべきモデルである。広角で抜群のステイタス。
しかも単焦点である。Takumarで感じた単焦点のキリリとしまった解像感。
ぶっちゃけかなり欲しいんだが、3万は絶対に下らない。程度が良かったり
ワイコンやテレコン付いてたりするとデジイチのキットの新品が買えてしまう。
質より量という俺のコレクションのコンセプトから外れてしまうのを避けることに
したみた。いつかは買うと思うので今回は見送って何にするか迷ったが同じ
RICOHのCaplioGX8かGXをターゲットにした。GX8なら2万円、GXなら1万
上限って感じで入札しまくってみたもののなかなか落ちない。
特にGXは

「G4wideとあんまり変わらないんじゃねぇか?」

って腰が引けてしまい最後の一手が打てずに数回逃した。でなんとなく
なんとなく「500万画素広角」ってググってみたらPowershotS60とか
coolpix5400が出てきてS60の方はS40が2台、S30が1台あるので
却下、coolpix5400を調べてるとcoolpix5000の方がCCDが大きくて
いいというレビューを読んだ。coolpix5000といえば俺が一番参考にして
いるというか勝手に師と仰いでるgakさんのページで酷評されてるし、あの
OLYMPUSのC-3030zoomを不細工にしたようなデザインに抵抗が
あったが怖いもの見たさというか賛否両論別れまくってるところに
少し興味が湧き、高いと思いながら入札してみた。翌朝起きたら
あっさりと落札されていた。これも何かの縁なのだろう。GXは以前から
何回も入札で失敗している。よほど縁が無いのかもしれない。


デザイン

手にしてみると写真でみるよりは不恰好ではなかった。写真で見る限りは
妙に高さがありC-40ZOOMのような正方形に近い形だと想像していたが
C-3030Zoomと比べてもそれほど違和感はなかった。
DSCF0014.jpg

グリップ付近を中心にドッシリしており質感が高いのは握った時点でわかる。
このデジカメのデザイン上のポイントであるフラッシュ窓は逆おむすび型と
マニアの中で酷評されているようだが俺はキモかわいい気がする。
DSCF0015.jpg

3030zoomのようにフラッシュ発光部分まんまのデザインにすると縦長の
ボディゆえにレンズとフラッシュ部分にスペースが空いてしまい、無理やり
逆おむすび型にしたような気がしないでもない。

操作性的な意味でのデザインだかgakさんが評しているように相当に無理がある。
NIKON独特のボタン押しながらのダイヤル使いまくりの操作方法はcoolpix5700
俺はマスターしたつもりなのだがそれでもかなり窮屈な体勢で撮らなければならない。
特にAFが合わなくてMFにする場合、MFボタン押しながらダイヤルを回すのは相当
キツく、AUTO嫌いで積極的にMFや絞りをいじくりまくる人にはマイナスポイントだ。
3030の十字キーの方が間違いなく操作しやすい。

DSCF0016.jpg


操作性に難があるものの全体的なフォルムは高級感があり、PowershotG2やAllegretM70
CASIO QV-4000などのヌボッとした今見るとマヌケな古典デジカメデザインを踏襲しているが
黒い分、いい意味でレトロチックな3030zoomに似てて悪くないような気がしている。
中古カメラ大バーゲンの時にニコンのレトロチックなゴワゴワしたストラップを買ったので
付けてみた。レトロ感が増してイイ感じ
5000strap.jpg


機能

524万画素。2/3CCD。28mmからの三倍広角レンズ。
使い勝手は別として、機能的には文句なし。ファームウェアのせいか
coolpix5700よりAF時にフリーズする回数が極端に少なく感じる。
これだけいろいろ機能があると使いこなしが大変だが、彩度やコントラスト
をカメラ側でいじるのも楽しいし、撮影条件を記憶させてカスタマイズ
できるのもいい。明暗のはっきりした場所や思いっきり逆光の場所に
挑戦させながらどうすれば思うように撮れるかを研究するのは
実に楽しいし勉強になる。ただし測光センサの位置に問題がありシャッターを
押す時に中指と人差し指の間を広げてやら無いと手で隠してしまうという
欠陥がある。

画質

AFは確かに遅くテレマクロしたりすると迷い子になるが噂ほどAEは悪くないと思った。
色合いはキャノンほど鮮やかではなく、オリンパスのこってり濃い口とも違う。
Dimage7iの彩度を上げたような仕上がりでcoolpix5700よりも綺麗な写真が撮れる
ことが多いように思う。(ピントさえビシッと決まれば。。)

DSCN0378.jpg
F4.4 S1/189 ISO100 ProgramAE
鳥居写真。CCDが1/1.8の3030zoomやPowershotS40などと違い、全体の画質に
ゆとりというか余裕があって、E-20にも迫るような画質だ。

DSCN0403.jpg
F4.5 S1/158 ISO100 絞り優先AE

フロントグリルあたりのギザギザが怪しい。。

DSCN0390.jpg
F4.4 S2.3 ISO100 絞り優先AE 発光禁止 三脚使用

L判プリントじゃ気づかなかったが、よく見るとドット欠けみたいな点やノイズだらけだ。
ノイズリダクションで取りきれなかったのだろうか?

DSCN0399.jpg
F5.4 S1/32 ISO100 絞り優先AE

ピント甘すぎ。AFの精度に関しては大いに問題あり。MFも使いにくいので
AFはもう少し正確にして欲しかった。

総論

質感は悪くない。3030zoomよりグリップが深く、密度が濃いためカメラを持つと
見た目より高級な感じがする。そういったカメラ自体の肌触りというか感触はすごく重要視する
ので落札前よりもかなり評価が高い。100枚ぐらいパチパチと撮ったがそんなに悪くないどころか
1/1.8インチCCDの他機を寄せ付けないものがある。AFは迷う割にはかなり雑だし、オートだと
AWBの精度が悪く色かぶりするときもあるが、時間をかけて撮影条件を決めてやればかなり
いいと思う。小さい小さいと言われるが、実際には3030zoomとほとんど変わらず、この「小さい」と
いう意味は「2/3インチCCD搭載の高機能機の割には小さい」という意味である。
gakさんの言うとおりこの小型化は操作のやりにくさに直結しており、小型化してどこにでも
持ち歩けるのに撮るのが面倒という矛盾が生じ、「小ささ」の魅力を大きくスポイルして
しまっている。
それでもこのカメラは十分に魅力的でいじり倒し甲斐があり、俺は思いっきりオススメである。
C-3030Zoomよりも外観以外はカメラらしいカメラだと思う。3000円でC-3030zoom買うなら
あと5000円追加してこいつを買うことをオススメする。

以下追記(2008/05/02)
gakさんのcoolpix5000批評で検証している異様な青強調が
俺のcoolpix5000でも再現されたので報告します。

Coolpix5000↓
DSCN0456.jpg


finepixF11↓
f11.jpg
スポンサーサイト
2008年04月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | NIKON

ちょっとやばいかも。。(日記に見せかけてX-1批評)

久しぶりにしっかりした休みが取れたので新聞の片隅に
あった「中古カメラ大バーゲン」の広告を思い出し、ぶらりと
栄まで出かけてみた。
P4270032.jpg

P4270044.jpg


夜の錦は年数回行くものの、昼間の栄に行くのは
何年ぶりだろうか。。開店前に栄に到着したので
車を停めてぶらぶらしてみる。
P4270029.jpg

P4270025.jpg

さすがにこの時間だと人ごみもまばら。。

歩道の並木にこんなんが。。
P4270035.jpg

けしからん。けしからんけど、なんとなく洒落てるんで
微笑ましかった。「自然破壊だろ?」「道徳心に欠けるだろ?」
ってツッコミ入るんだろうけど、実年のお爺様は子供の頃は木に
彫り物ぐらいしたでしょって感じ。まあこういうのが増えたら街の美観
を損ねるんで良い子はしないこと。

10時になり会場へ。さすがに開催してから数日経っているので
思ったほど人は居ない。
bargen.jpg


中古カメラ大バーゲンなので銀塩メインだとは思っていたが
古いデジカメも少しぐらいあるんじゃないかと期待した俺が
馬鹿だった(汗) デジカメは皆無。ならばSuperTakumarは
というとなかなかない。ジャンクコーナーにあるにはあったが
それこそ

「レンズは保管状態が悪いとここまでカビとほこりだらけ
になりますよ」

って感じの見本になりそうなひどい55mmぐらいしか
なかった。

気付いたのだが銀塩必死になって見てる人が団塊の世代だらけ。
まあ小綺麗な紳士もいれば変なオヤジもいる。
若いのいねぇかと見回しても居るにはいるがリアルアキバ系。
ヨレヨレの細かいグレーのチェックのシャツにイケてないブルージーンズ
でしかもシャツはジーパンの中へ。。(汗)
やめろつぅーの。俺と同じ世代でもファッションに無頓着というか
古臭いねずみ色のスラックスに妙な紳士ベルトとか、ありえない
格好してる人だらけでなんだかなあって思う。
カメラとか写真とか興味あるなら並み以上の美的センスというか最低限
のファッションぐらい身にまとえって言いたくなる。
そりゃ俺より巧く写真撮るテクニックつうか写真、特に撮影に対する
引き出しは多いのだろうけど一般的に言われる、もしくは人から見られ
たりする「美」に対しての意識のバランスが崩れていると思う。
カメラという趣味は奥も深いが幅も広い。風景や花、旅行のスナップや
鉄道、自分のコレクションや人物、歴史的瞬間、作業の現場、愛車やバイク、
スポーツなど自分なりに撮りたいものがあってその撮りたいものに「美」を
感じるからこそ撮影を楽しむ。そのためのカメラではないだろうか?
その自分だけの「美」に対して敏感であっても自分自身に「美」を求めないの
はどうかと思う。

もちろん、カメラや写真を愛する人がみんなこうだとは思わないし、
すごく洒落てる人が首からIXY ぶら下げてたり、GR DIGITAL
を手にしてるのを見かけるのでカメラ愛好者に対してそんなに悲観的に
なる必要もないとは思うが、残念に感じる。まあ大きなお世話かもしれ
ないけど。


気を取り直して家に帰り撮った写真をPCに取り込んでびっくり。
普段PowershotS40を持ち歩くのにバーゲンの買い物中に嵩張る気がしたので
CAMEDIA X-1でパチパチやってたんだけど、AFの調子もおかしいのか
ピントの甘い失敗写真連発だ。色合いもかなり変。赤かぶりだったり
青っぽかったり。。AWBがおかしいのか?
試しに愛車を撮ったが何枚撮ってもやはり色合いがおかしい。
P4270026.jpg


怒りにまかせて夜、我が家のX-1後継としてFinepixF11を落札してしまう俺であった。。
使い捨て感覚のデジカメコレクションやめろつうーの(汗)

総合評価

PowershotS40≧S30>>C-40Zoom>>>>>>>>>>>>>>X-1

前モデルのC-40zoomに安定感で負けまくってるX-1。
個体差なのか故障しているのかビミョ~だがAFは失敗
連発。AEもバラバラでほとんどの写真がレタッチ必要と
なった。ホワイトバランスもAUTOだと全然駄目。
今まで室内撮影しかしてなかったので気付かなかった。
落札しちゃいけないデジカメ。携帯で撮った方が無難。







2008年04月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | OLYMPUS

研ぎ澄まされた野生の勘。。



























Yahoo!インターネット検定全国一斉ひらめき脳検定2008


















認定証 あなたの脳は、優れています
manzokudaiji さん
(83点)

Good!






あなたは優れた脳力を持っています。集中力や情報処理能力を生かし、仕事や勉強を効率よく進めていることでしょう。しかし、まだ自分のアイデアやひらめきを十分に活かせていないと感じることがあるのではないでしょうか。

脳を含め、人間の持つ体の機能は使わなければ退化してしまいます。毎日少しずつでもよいので脳を磨き、脳力アップしていくように心がけましょう。








>>詳しい「認定証」を見る



全国一斉ひらめき脳検定2008トップ
















2008年04月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 総合

*ist DL + Super Takumar 1:3.5/135 & 1:1.8/55

is.jpg

購入理由

必然というか「とうとう」というかコンパクトデジカメでは飽き足らず一眼に足を突っ込んで
しまった。CAMEDIA E-20を俺のデジカメコレクションのフラッグシップと捉えていた
俺はOLYMPUSのE-500、E-300あたりをターゲットとして入札。ここまで金額入れとけば
大丈夫だろってたかをくくってたら見事に終了時間間際でうっちゃられてた。。。(泣)
やけになった俺はOLYMPUS軍団の次点と考えてたnikonD40、D70、D100あたりを
探すがオークションの今日終了のタマが無い。欲しいと思ったらいてもたってもいられない
性格が災いした。どうしてもレンズ交換式一眼を今日中に落札したくなり、レンズ交換式の
一眼ならなんでもいいやって感じになってしまった。我に帰ってマイオークションを確認したら
PENTAXの*istDLが落札されていた。下調べ無しの暴挙。しかも俺は20個以上デジカメを
持ってるのにPENTAXは一個も無し。無茶である。フィルム一眼のニコンFマウントのレンズは
2本ある。それを押しのけてまでOLYMPUS機が欲しかった。いや欲しくてたまらなかったのに。。。
ど、ど、ど、どうして??。。後悔先に立たず。新古品デッドストックで保証付きのレンズキット
というのがせめてもの救い。商品到着までは気に入らなかったら「美品使用僅少」とか書いて
出品しちゃおうって最初から逃げ腰になってしまってた。


デザイン

普通の一眼というか誰もが知ってる一眼レフの形である。発表当時レンズ交換式デジタル
一眼最軽量を謳っていたためか相当軽い。E-20の半分である。coolpix5700よりも本体が
大きいためか中身スカスカ感が漂うっていうか密度が低いってのがわかる。また軽量化の
ため全体的にプラスチッキーでE-20よりも質感は相当落ちる。定価を考えれば妥当っちゃ
妥当な線なんだろうけどちょっとガッカリした。
液晶はデカくとても見やすい。古いデジカメで行楽地とか観光地で撮影しているとき、
いくら「レンズはこっちの方がいいから」とか「画素数なんて関係ないよ」と講釈をたれても
液晶の小ささで

「古いデジカメ~~(笑)」

って簡単にバレてしまう。相手っていうか周りは絶対にそんなこと思ってもいないし気付いて
もいないだろうが、格好から入る俺にとっては結構、恥ずかしいし重要なファクターである。
その点、これぐらい液晶がデカいと堂々と撮れる。この点についてはNIKON D70.D100、
OLYMPUS E-300買わなくて良かったって心から思ってる。(D40、E-500はデカい)

syrap.jpg


ただし、この付属のストラップはいただけない。PENTAXだけにして欲しかった。
この*ist DLは2005年モデルである。istD初代からの使いまわしだろうけど後継機の
ist DL2、上位機種のDS2が出てフルモデルチェンジのK10D、K100D、今年K20D、K200Dが
発売されたので「型落ち使ってますで候」って感じが最悪なのである。近いうちにPENTAXロゴ
のみのストラップに交換しようと思う。

機能及び画質と経緯

610万画素23.5×15.7mmの原色CCD。KITのレンズは18-55mm。35mm換算だと
1.5倍なので27-82mm。パッと使ってみて気付いたのだが驚くべきことにコンデジだと
当たり前だと思ってたフラッシュボタンが無いのである。fnボタンを押して液晶と十字キーで
決める方式。これは最悪。さらにフラッシュがAUTOと発禁と強制だけでスローシンクロが無い。
使わないっちゃ使わないけどあるべきものが無いと不安になるものである。
入門機ということで割り切りすぎてると怒り心頭だったが、さらに困ったのはファインダーの
暗さとファインダー内の文字の小ささ。ファインダー内の文字が俺の目では識別できないの
である。視度調節のダイヤルが見当たらないし、俺もとうとう老眼がくるべきところまで
来ちまったか(泣)ってこれじゃピント確認もヤバイかもって半べそ状態で取説眺めてたら
接眼ゴムの内側に視度調節するやつがついてた。(祝)そんなとこにあるとは。。このカメラは
忍者からくり屋敷かとツッコミながらパチパチ撮ってみた。
動作が速く快適だ。AFはやや遅いものの、フィルム一眼のようなシャッター音やレスポンスも
素晴らしい。書き込み時間も早くE-20のようなモタツキ感は全く無い。「買ってよかったあ(はぁと)」
って幸せの絶頂だったのだが、画質を確認したらこれがイマイチで再び凹む。
具体的にはやや露出オーバーで色が明るく薄め。室内でAUTOモードで撮ったのだが何回撮り
なおしても同じ傾向でガッカリ。AEがトロいのかこれがPENTAXの色合いなのかわからないが
俺の感覚ではE-20どころかPowershotS40にも劣ってるような画質。DMC-FZ2ぐらいか。。
俺はこのやや劣勢の状況をレンズのせいにすることにしてネットでも評判が高い化石のような
マニュアルレンズを二つ購入。つまらないKITの純正DA18-55mmを丁寧に元箱に戻しオークション
の出品要員とすべく押入れにしまい込んだ。E-20の良さを知っている方ならおわかりいただけると
思う。E-20とキャラがかぶってて動作速度ど液晶のデカさ以外はすべて2ランクぐらい下。(涙)
こうなったらレンズ交換しまくってE-20を越える何かが見つかるまで探し続けるしかないのである。

俺が買ったマニュアルレンズの場合、マウントがM42というねじこみ形式のためそのまま
つけることができないってことを後で知った(汗) マウントアダプターKという物を介して
取り付けるらしい。取り付けた様子↓
mountadapter.jpg


レンズを付けてみると、これがまた問題。ボディが軽くレンズの方が重いので下に置くと
おじぎしてしまう。まあ実用には問題ないのだが、パッと撮って置く場所にも気を使うの
である。55mmの方は問題ないが135mmの方は一番上の写真のようにレンズの下に
何かを置かなきゃレンズの下が汚れたりする可能性が強い。

いざ撮影。絞りやピント合わせて撮ったんだが明るさがむちゃくちゃである。
取説パラパラめくってカスタムメニューいじればいいとのこと。で絞ってから
AE-Lボタンで測光するらしい。絞り優先みたいにシャッター速度を決めて
くれるんだろうか?って不安だったが再び撮影。それがこの一枚。
istDL+SuperTakumar 1:3.5/135↓
TAKUMAR.jpg

色すごいって思うかもしれないけど色はぶっちゃけDC4800の方が発色良かった。でも、何、この
しめ縄や鳥居にかかった葉の立体感。そして後ろの緑のボケ味。
「すっげ~~~~!!」
びびりまくりました。俺が生まれたか生まれてないかの頃のレンズですよ。送料込み2000円の
レンズですよ。単焦点でズームできない135mmって画角は使い道に困るだろうなあって思いきや
これはE-20やPowershotS40じゃ絶対には絶対に出せない絵をド初っ端から出してくれました。
AE-Lボタンの位置も最高。すっごくよく考えてある。サッと絞ってピント合わせてAE-Lボタンを
ポチッと押せばこの仕上がり。いやはや今までのデジカメでは味わえない感動をいきなり味わった
訳で興奮することしきり。。

同じくistDL+SuperTakumar1:3.5/135↓
takuma2.jpg

ちょっとピンボケ。(汗)でも解像度云々以外の味っていうかいい感じで撮れそうって雰囲気がプンプン
するレンズだってことはおわかりいただけるのではないだろうか?

さらに凄いレンズがこれ。。SuperTakumar1:1.8/55↓
takumar3.jpg

もうボケまくりで訳わかんないんだけど不通のカメラでは絶対に撮れない。画質云々よりも
脱初心者への直通切符っていうか写真が作品に近づくかもしれない。ただ普通のスナップ
として使うのはもっと絞らないとピントが合わず厳しい。

takumar4.jpg

紫色が滲みまくり。。ノイズなのかレンズのカビや汚れなのかよくわからんが写真の肌が粗い。。
これも味の範囲と思うかどうかがこのレンズの価値の評価を分けるかも。俺は当然高評価。


総論

結果論だが最高の買い物ができた。今まで味わったことの無い興奮。今現在では
PENTAX *istDLは最大最高の評価である。ただし本文でも書いたが普通にスナップ撮る
ならE-20に画質で負けちゃうしKITのレンズの性能はたいしたことなくてデジイチだからと
意気込んで撮ってもたいしてコンデジと変わらないじゃんってことになるだろう。
しかし古いガラクタのようなマニュアルレンズを使うと恐ろしいほどの表現力を身に付けて
デジカメという高度なテクノロジーで武装した現代の道具とは思えないほどのカメラになる。
そしてそのレンズ選びがまた楽しかったりして撮影が楽しくなることは間違いない。
そこそこのコンパクトデジカメを持っていればそれをメインにして*istDシリーズの中というか
デジタル一眼レフでも最安値付近のこの*istDLをサブとして使うのも面白い。*istDLのボディ
のみを買っていろいろなレンズを楽しむのだ。
結婚式や入学式なんかはかさばる一眼よりもコンデジの方が小さく10倍ぐらいのズームが
あれば寄れるしきちんと撮れる。普通にデジタル一眼で撮っても大差はないはずだ。
俺は*istDLでいろんなレンズでしばらく遊んでみたいと思う。この手の古いレンズはなんと
3000円でお釣りがくるのだから。。

2008年04月19日 | Comments(10) | Trackback(0) | PENTAX

所有デジカメ、銀塩カメラ一覧

OLYMPUS
CAMEDIA C-200ZOOM
CAMEDIA C-3030ZOOMx2
CAMEDIA C-4040ZOOM
CAMEDIA C-40ZOOM
CAMEDIA  X-1 x2
CAMEDIA  E-20
CAMEDIA  E-100RS

CANON
POWERSHOT S1IS
POWERSHOT S30
POWERSHOT S40
IXY DIGITAL 320

KODAK
DC4800x2

RICOH
CAPLIO R1
CAPLIO G4 WIDE
CAPLIO RR1

NIKON
COOLPIX 5700
COOLPIX 2500
F601

KYOCERA
FINECAM L3V

FUJIFILM
FINEPIX 2900ZOOM

TOSHIBA
ALLEGRET M70

CASIO
QV-4000

PANASONIC
LUMIX DMC-FZ2

PENTAX
*ist DL

KONICAMINOLTA
DIMAGE 7i
α303si

ヤフオクで上記の機種に興味があって
迷ってたら気軽に質問されたし。。

2008年04月15日 | Comments(4) | Trackback(0) | 総合

PowerShot S40/S30

ps3040.jpg


購入理由

デジカメをコレクションしはじめた頃からずっと気になる存在があった。
「PowerShot G2」である。Dimage7と同じぐらい評判がいいらしい。
いや電源に弱点があるDimage7に比べて、短所が少ない分PowerShot
G2の方がプロアマ問わずに評価が高いようだ。
しかしながら4040zoomを1台3030zoomを2台、他に同じようなサイズの
AllgretM70やFinepix2900を既に所有している。やや小ぶりのDC4800も
2台ある。さすがにこの手のオーソドックスな3倍ズーム機はこれ以上集め
れないなあと思ってた時に見つけたのがPowerShotS40である。
canonがコンパクトデジカメのフラッグシップであるPowerShotG2の機能を
凝縮してポケットサイズにぶち込んだというのがこのデジカメの売りでらしい。
CCDも機能もほぼ一緒で相場価格はG2の半分ぐらい。IXY DIGITAL320を
既に持っていたがほとんどAUTO機能しか付いていないので不満だった俺は
廉価版で300万画素ながらのS40より高感度で評判のいいS30をまず購入。
続けざまにS40を購入したのである。


デザイン

デブッとした分厚みのある金属ボディは高級感がありお世辞にも格好いい
とは言えないが悪くもない。IXY DIGITAL320と比べるとかなりデカイがレンズ
収納時はスクエアのなので収まりがいい。
オシャレ感はないものの質実剛健で俺にとっては好ましい。ブラッククロスに
赤のロゴの入った専用のカメラケースに入れるとホットドッグのようでキモ可愛い
くもある。(ミニチュアダックスの胴体のようだ。)
P1100111.jpg

しかし致命的な欠点がある。レンズカバーがONOFFスイッチと兼用になって
いるのだが開閉するこのレンズカバーの金属の厚みが薄すぎて明らかに剛性不足。
ちょっと押したり突いたりすると凹むような薄さなため、使い込んで老朽化してくると
ONOFFできなくなったりする可能性が強い。俺の所有するS40もONするときに
ちょっとコツが必要で時々電源が入りにくくなる。この辺りはレンズカバーONOFF形式の
デジタルカメラを数多く出しているオリンパスより圧倒的に劣っていると思う。
オリンパスのC-40zoomやX-1やC-200zoomも所有しているがレンズカバーが
しっかりしているため全く不満も不安もなく使えている。


機能

1/1.8インチでS40が400万画素、S30が320万画素CCD。光学3倍。風景、ポート
レートなどの各種モードの他にシャッター優先絞り優先、プログラムは当然のように
完備。Eシリーズを除く、オリンパス機の欠点は絞り優先、シャッター優先が即座に
変えれないのだが即座に変えれるのは快適である。(他のメーカーじゃ当たり前
なんだけどね。何やってるんだオリンパス)
操作性もかなり優秀。ボタンだらけの高級機よりも使いやすい。露出補正やホワイト
バランス調整やフラッシュ調整はワンボタンで簡単にアクセス。十字キーが小さく使い
にくいという話があるようだが全く問題ない。あと撮影中レビューが簡単にできる。
ダイヤル内にレビューモードを入れるよりこのS40/S30やLUMIX FZのように独立させた
方が使い勝手は絶対にいいと感じた。またオリンパス軍団よりAUTOが非常にいい。
室内でのホワイトバランスこそ、「おやっ?」って事があるがAEはいい感じでブラケット
撮影の必要もないぐらい正確だ。AFも比較的優秀だ。IXY DIGITALで使い慣れた
TTL3点AIAFは非常に使いやすい。AFロックせずにきちんと左右にフォーカスポイントを
振ってくれたりする。レンズの大きさからか絞りを開放しても被写体周りが上手くボケて
こなかったりするが、レンズサイズから見て仕方ないのかもしれない。

画質

鮮やかである。なるほどキャノンはこういう色合いだから万人ウケするんだとつくづく思う。
キャノンの発色を見た後でオリンパスの深く濃い色を見ると地味すぎて冴えないって10人中
8人が思うかもしれない。ただ空や花の色は嘘っぱちが多く、肉眼とかけ離れる。
俺の中では綺麗に撮るならキャノン正しく撮るならオリンパスという住み分けになっている。

花はこれでもかってぐらい綺麗な発色になる。
発色が良すぎて造花に見えたりするが見栄えがいいので誰もが喜ぶ画質。↓

IMG_0262.jpg

↑この写真の椿にはハッするほど惹かれるが、現実はこんなに綺麗じゃなかった。

↓綺麗過ぎてペーパークラフトの花に見えなくもない。
IMG_0227.jpg



↓白が不自然でツッコミどころ満載の写真だが全体といては綺麗でいい感じに見える。
IMG_0260.jpg


↓見事な発色と描写力。当時最強といわれたPowerShotG2の兄弟機という看板は
偽りでは無く、ホンモノだ。
I2.jpg


↓夕陽もAUTOで全然平気。この順応力は素晴らしい。
IMG_0004.jpg


↓S30は300万画素だが細かいきっちり描写もこなす優等生だ。
IMG_1344.jpg



↓室内ややや暗い場面ではAEもAFも苦手のようだ。AFだとピントが相当甘い写真を連発する。
高感度のISO800でシャッター速度を稼いげるのはいいが・・。
IMG_0235.jpg


↓マクロはまずまず。
IMG_1393.jpg



総論

デジカメなんてこれで十分と思えるほど画質は完成度が高く素晴らしいと思う。操作感も
よく考えていて、AUTOじゃ物足りなくてマニュアル操作でいろいろいじくり倒したい人にも
満足できると思う。レンズカバーに難点があり、ヤフオクで落札したい人は質問できちんと
確認しなければ後で泣きを見るので注意。「レンズカバーのONOFFはどうですか?」と聞け
ば良い。歯に物が詰まった返事しか返ってこなければ避けるように。また電池が専用充電池
なので本体のみの商品に安いからといって飛びつくと返って高くつくことも肝に銘じたい。
専用充電池は1000円前後で手に入るが充電器が高くつくからだ。S30付属品完備で2000円
~3000円、S40で3000円~4000円でゲットしたい。オリンパス派にも一度試して欲しい
デジカメである。






現在の閲覧者数:














2008年04月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON

OLYMPUS CAMEDIA E-20

E20.jpg

購入理由

E-100RS→Dimage7i→Coolpix5700と来てコンパクトデジカメをほぼ極めた
ような気になって居た俺はさらに上のステージを目指すことになる。MAX5メガ
ピクセル時代の「KING of DIGITAL」であるCAMEDIA E-20をターゲットとして
オークションのウオッチリストを凝視していた。
400万画素機の先代E-10に比べタマ数も少なくなかなか出物がなかったが発見後
入札せず終了時間間近に入札。めでたくあっさり落札できた。

デザイン

堂々たる風貌。王者の風格が漂う。質感も非常に高く、手にしただけで撮影者を
その気にさせてくれる。全体のフォルムは他のモノホンのデジタル一眼レフのニコンD100や
キャノンEOS10Dに拮抗できるぐらいの完成度がある。カメラを知らない人が見たら普通のデジタル
一眼に見えるかもしれない。難点はフラッシュの収納時のデザイン処理がダサいため上部の
形がやや前かがみでレンズのデカさを強調しすぎて下品だ。実に惜しい。

機能

2/3型CCD、524万画素。coolpix5700と同スペックだがレンズの径とF2.0の明るさが効いて
かなり余裕のある感じがする。Dimage7iと同様でズームは手動。自分の意図した画角が
容易に選択できる。AFは非常に素早く正確でcoolpix5700やDimage7iとは全く次元が違う。
MFもフォーカスリングがついており、構造は一眼レフなので光学ファインダーできっちり確認
できる。俺の愛用の銀塩カメラニコンF601のファインダー以上にフォーカスポイントがわかり
やすい。光学ファインダーで被写体周りのボケ具合まで確認できるので液晶ビューファインダー
のDimage7iやcoolpix5700とは比べ物にならないぐらい撮影が楽しいのである。
欠点もある。パチパチパチと数枚撮ると書き込みで待たされる。じっくり撮るなら問題ないが
最近のデジカメと違ってかなり動作が遅い。すぐに撮りたい場面では苦汁を飲まされるかも
しれない。またフラッシュのボタンの位置が押しにくい。


画質

オリンパスらしい深く濃い色合い。キャノンのような鮮やかさ重視の画質やニコンのような繊細な
色合いと違い3030や4040の延長線上なので好き嫌いが別れるだろう。キャノンの色が好きな人
からみるとかなり地味に感じるかもしれない。実際の見た目の色に近いという意味ではオリンパス
の方が上だと思う。

三脚を使って蛍光灯の下で撮影。ホワイトバランスはAUTO。コントラスト強の設定でPモード
フラッシュ発禁。↓
P4083776.jpg

AFは優れているがAEがやや場所を選ぶ傾向にあり、AEの癖が掴めるまでブラケットは使って露出
をいろいろ試してみた方がいい。コントラストは好みの問題だけど強めが綺麗に撮れる。レンズが
大きいので絞りを開放すると簡単に被写体周りがいいボケ味を出す。

青空はとても綺麗に撮れる。coolpix5700やDimage7iではE-20の敵ではない。KODAKのDC4800
が対抗してくるが、繊細さでE-20の圧勝。
SORAE20.jpg


どういうわけだか時々一つの色に引っ張られる傾向がある。撮影者の意図と違ったりすると大失敗
になるのだが、それを逆手に取って絵画のような写真ができたりすることもある。↓
P4093791.jpg


ビシッと決まると他のデジカメの追従を許さないほどの綺麗な画像ができる。
下の写真は影を使って遠近感を出してみた。空も綺麗に撮れている。↓
P4063715.jpg


淡い色の花は若干苦手。落ち着いた色調が災いして淡白な印象になる。↓
e-20hana.jpg


桜も見た目どおりに撮影されるため華やかさに乏しい。小道具が必要だ。↓
P4063677.jpg

P3303619.jpg


失敗例2枚。露出を清水寺に合わせたため空の青さが飛んでしまった。地味な風景画がさらに
地味になる。この失敗は液晶で確認できなかった。
P4063693.jpg

P4063699.jpg


総論

手にしただけでタダモノではないとわかる質感。所有欲は絶対に満たされる。
一眼レフ方式の光学式のファインダーは非常に見やすくフォーカスリングを手で回しながら
ピントを合わせて撮るのは実に楽しい。AFも素早く正確で外さない。重いしデカい。現行の
一眼レフの二周りぐらいデカイ。そのデカさも気にならないぐらい撮影していて楽しいカメラである。
ただしAUTOのままで撮ると後でガッカリすることもある。AEが少々気難しいので場所を
選ぶのである。色合いは少々地味だが気に入らなければRAWで記録して現像ソフトを使って
好みの色にすればいい。ただしAF以外の動作、起動や書き込みはかなり遅いのでRAWに
するとかなり待たされる。レンズ一体型のカメラでは最もヘビーでデカい。レンズ交換の楽しみこそ
無いがこのカメラはやはり一眼レフである。レンズ交換時の埃の混入も気にしなくていい。
1万前後なら迷わず買い。E-10でいいからもう一台欲しい。。





現在の閲覧者数:




2008年04月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | OLYMPUS
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。