スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

SIGMA ZOOM AF-APO75-300F4.5-6


Nikon F601+SIGMA ZOOM AF-APO75-300F4.5-6

棚からぼた餅?

最近のマイブームのフィルムカメラ。ブログのタイトルが「デジカメコレクション・・」なんで
反則っちゃ反則なんだけど、

「これだっ!!」

って決めたら、見境無しに猪突猛進っていうか、ブレーキの壊れた暴走列車の
ような感じっていうか、ガッツリとハマっちまってる近頃の俺だったりする

前回の記事の【My Favorite Lens】でFM10にハマってること書いたけど
記事の写真で横にあったNikon F601。ぶっちゃけ半年前に美品、完動品を
5000円で落札したもの。おまけでついてたタムロンのAFがレンズの中にほこりが
あったんで、すっげーショックで、Nikon用のレンズを物色。写真撮りもしないのに
コレクター気取りの当時の俺はZoom倍率にこだわってた。当然広角や単焦点なんて
興味は無く、望遠の方がエライっていうか、使い勝手がいいって思い込んでて、F601が
到着した日に、これまた2000円ぐらいで望遠レンズを落札したのである。

P1010015_edited.jpg

SIGMA ZOOM AF-APO75-300F4.5-6

到着後、とりあえずF601とくっつけてみて、フィルム入れて4~5枚撮ったものの、
デジカメ慣れしてた俺は撮れた結果がすぐにわからないってフィルム時代には
当たり前だったことを、スッゲ~面倒臭いっていうか、つまんなく感じちゃって、
速効で嫌気がさし、デジカメコレクションに戻ってしまったのである。

で、昨今降って涌いたようなフィルムカメラのマイブーム。そういえばって感じで
残り20枚ぐらいを、会社の社員のポートレートやカメラの写真で無理やり消費して、
現像に出してみた。手ぶれしまくってる写真や薄気味悪いポートレートはほっといて
冒頭の写真。カメラ屋の現像CDRからの撮って出しなんだけどイイ感じじゃないですか・・
F601に付けて、テストした4~5枚のうちの1枚。テレ端で撮ったんだと思うけど、
周りが綺麗にボケててレトロチックな容器がクッキリ。葉っぱの色合いもスッゲー
渋くて、俺的には驚愕の1枚。構図とかはカメラに興味持った頃だったせいか
全然つまんなかったりするけど、この描写は悪くないような気がするのであった。


Nikon F601+SIGMA ZOOM AF-APO75-300F4.5-6


デジカメとの比較

思いっきり忘れてたつうか、現像してみて、思い出したんだけど、最初の4~5枚の中に、
デジカメと比較しようとして撮った花の写真があった。しかも比較したのはNikonのCoolpix5700
とOlympusのE-20だ。
2台とも2001~2002年当時、デジカメの最高峰といえるべきメーカーの技術力を凝縮した
フラッグシップなんで、この比較はヤフオクで古いデジカメ探してる人には有意義かもしれない。
3枚とも、まだカメラに興味を持ち始めた頃の撮影なんでつまんない写真で申し訳ない。。
(レンズの記事なのに銀塩とデジカメ比較してどうすんだって噂もあるが・・

P3153591.jpg
Olympus E-20

DSCN0004.jpg
Nikon Coolpix5700

E-20もCoolpix5700もマクロモードでF601+SIGMA AF-APO75-300はテレ端だろうから
比較するのもおかしいけど、写真としてどっちが好きかって言われればどう考えても
F601+SIGMA AF-APOの方だと思えるような気がする。俺がフィルムカメラに盲目なだけか?

っていうか、このレトロチックでイイ感じな雰囲気はフィルムの恩恵なのか?
レンズの恩恵なのか?はたまたF601が醸し出す技なのか?それともたまたまなのか?
なんでこんな風になってんだかさえわかってないかも。。






スポンサーサイト
2008年08月27日 | Comments(18) | Trackback(0) | レンズ

【My Favorite Lens】 

P8250897.jpg

小山卓治ファンさんの10万アクセス記念企画

俺が尊敬する小山卓治ファンさんの10万アクセス記念企画。
【My Favorite Lens】に参加した。
こういった企画が大好物っていうか、MFSやカメラ写真展は本当に楽しくて
参加して良かったって心から思えたんで、あまり深く考えずに参加。

まあ、いつも深く考えない行動ばかりなんで慣れっこになっちゃったり
してるけど、現実を振り返ると、基本的に俺はコンデジ野郎なんで、
デジイチ2台所有するものの、レンズはキットを含めて、10本ぐらい。
カメラ写真展の時は35~40台のデジカメの中から選ぶ作業が意外と
大変だったりしたけど、レンズは10本持ってても実際に使ってるのは
2~3個。E-300っていうかフォーサーズマウントはキットのレンズしか
ないんで、E-300とキットを覗くと実質はKマウントのタムロン望遠AFと
SuperTakumar55mm/F1.8だけってことになる。

SuperTakumar135/3.5とカビ取り分解したSIGMA λ?は1回 *istDLに
付けただけ、SMC PENTAX-M 75-150やSIGMA β?やタムロン28-75AF
に至ってはカメラに付けたことが無いという有様。

しかも最近では、CoolpixE5000がエースに台頭してしまい、SuperTakumar
55/1.8と*istDLの元エースコンビの出番がめっきり減ってしまったのである。

P8250884.jpg

現れた救世主

そんな中、俺はちいすけさんの影響でフィルムカメラに興味を持ち始める。
CanonA35DateluxとOlympusXA3を続けざまに購入。名機以外のコンパクト
フィルムカメラは古いデジカメ以上に激安である。フィルム一眼レフも然り。
フィルム一眼レフはNikonF601(左側)は既に持っていたが、FM10も欲しくなり
購入した。FM10はNikonの現行モデルだがフラッシュやケースやレンズ付きで
数千円で落札。このカメラが無茶苦茶楽しくて最近撮りまくってる。
今回選んだレンズはこのカメラの純正レンズzoom nikkor 35-70mm F3.5-4.8
である。

P8250888.jpg

まだまだ購入したばかりなので枚数的には少ないが、それでも既に
思い入れのあるレンズになりつつある。
ぶっちゃけた話、Pentaxの古いM42のレンズやKマウントのMFレンズと違い
中古市場ではNikkorのMF単焦点レンズは相当割高で、Ai-Sなんて本当に高い。
今後、Nikonのレンズをコレクションしにくいという難点があるものの、この安っぽい
純正レンズはFM10の安っぽいボディにピッタリで気軽に持ち歩ける。
そしてこのレンズは何より軽いのである。金額的にもぶっ壊れても大して痛くない
って感じがあるんで思う存分使いまわせる。

I am falling in love with the film camera recently.

撮れた写真はフィルムカメラらしく、まろやかなんだけど、さすがNikonって感じの
シャープさもあり、イイ感じである。そりゃSuperTakumarの味わいのある描写や玉ボケ
の美しさに比べると厳しいものがあるが、FM10の自分で露出決めて撮る楽しさも
相まって大、大、大満足のレンズなのである。

46740018

そこそこの乱視にちょっと老眼入った俺の目ではF1.8とかF1.4みたいなレンズ
で絞り開放しちゃうとピント合わせが苦しいんだけど、このレンズならピント合わせ
楽勝。絞り開放しかつかってないが、被写界深度は思ったほど浅くなかった。
CoolpixE5000(2/3インチCCD F2.8)よりは浅くなるって感じか。。
(感覚的にはE-300のキットレンズよりやや深めな印象)

レンズもカメラも楽しいんで当分俺のフェイバリットが続きそうです。

2008年08月26日 | Comments(21) | Trackback(0) | レンズ

Asahi Pentax Super-Takumar 1:1.8/55

three flowers (bokeh)

bokehのテスト?

ちょっと前の俺の記事「サンフランシスコ写真白書」でルーイー
(当時はローイー)と絡んでるって話したけど、そんときにボケの事を「bokeh」って外人さんも
言うってことを知ってさすがの俺も驚いたっていうかびびった訳だ。
 ローイーはむちゃくちゃすごい解像度のサンフランシスコの風景や女性のポートレートを
得意とする反面、bokehマニアでもあるみたいで、素人の俺には理解しがたいボケテイストの
写真をUPしまくってたりする。

↓ルーイーのbokeh写真。こんな感じの写真を一時期、UPしまくってた。
http://www.flickr.com/photos/21491133@N02/2579807260/

でライカだコンタックスだって話してる時に俺は無謀にも

「ルーイー、supertakumarは激安だけどナイスなbokeh出すんだ。
今度写真を撮って見せるよ

って言い切っちまってたのだ。
この暴言に実は裏づけがあって、どこかのサイトで

「100本以上レンズを持っているがタクマーの50mmF1.4以上のボケ味の美しいレンズは無い。」

って読んだ記憶があった。俺が持ってるのは55mmF1.8。焦点距離と明るさが少々違うけど
よく似たもんだろうってすっげーアバウトだけど妙に自信があったりした。

で今日の昼、会社の花壇に花が咲いてたのでカメラ持ってきてパチパチと。。。
このレンズ絞って撮ってもいい感じの雰囲気なんだけど、やっぱbokeh出さなきゃ
ルーイーとの約束守れないんで絞り開放。

ここで問題が。。。
天気がよく、日差しが強いせいか俺のデジイチ、PENTAXのistDLで測光すると
シャッター速度最速でも1/4000秒。ISOを最低の200にしても露出がオーバーって表示される。
(シャッター速度1/8000欲しい。。。

「絞るしかねぇのかよ・・

って思って3段ぐらい絞ると適正になるんだが撮ってみると
液晶で見てもはっきりわかるほどアンダーで真っ暗な感じ。。

こうなったら絞りはフルオープンだぜ。ってことでズボンのファスナーをフルオープン
じゃなくて絞りフルオープンっていうか開放にしてパチパチやってみた。。
(下品な冗談やめれ>俺)

flower and 1 spider silk

被写界深度が浅すぎてピントどこにあってるのかマジでわからん。。
で2枚ともPCに取り込んだら、まだアンダーっぽかったので
flickrにUPしてflickrのピクニック?ってので明るさだけ調整した。

絵みたいで綺麗じゃねぇ

写真だけ見ると最近ハードなレタッチしまくってる俺なんで

「またやりやがったな

って思われがちだけどほんのちょっと明るさいじっただけなのよ。。

でこの記事書いてる最中にルーイーとアンデイからコメントもらった。

してやったり!!

ルーイーに

「すっげースムーズなbokehだ。」ってNote(写真に書き込むこと)まで
もらって感無量。
超忙しくてなかなかコメントくれないアンディに2枚コメントもらってマジで
涙出てきそうなぐらい嬉しかった。

M42のマウントアダプター買って、3000円ぐらいでSuper-Takumarをヤフオクで
落として絞りフルオープンで撮れば「Bokeh」の世界を満喫できまずぜ。




2008年06月18日 | Comments(4) | Trackback(0) | レンズ

レンズの分解・・・SIGMA Zoom-λII 75-300mm F4-5.6

IMG_0217.jpg


ヤフオクで100円落札。送料550円で振込手数料合わせても1000円未満で
手にした。この値段だ、もちろんリスクはある。

「美品ですがレンズ内部にほこりが少しあり
わずかにカビが発生してます」とのこと。

画像に写りこまなきゃ問題ない。って勝手に自己判断してGETしてみたものの。
届いた商品にはカビが目立つところに。。

マウント側から覗いて見る。
レンズをテレ側に伸ばすとほとんど気にならないが縮めると思いっきりカビ君が
いるのがわかる。

「100円だしぶっ壊しても痛くないぜ。。いっちょバラしてみっか

って考えたものの横にビスは止まってないしどうやってレンズを取り外すのかわからない。
ネットで調べてみるとゴムをレンズに押し付けて回すみたいなことが書いてあって、なる
ほどって納得。テーブルやイスの足に付けるゴムみたいなので回してる分解例を見た。
ホームセンターに買いにいくのも面倒だし本物志向の俺としては(どこがやねん
一応道具には拘りたいので吸盤オープナーとやらをヨドバシで注文した。
1800円ぐらい。今後カビ入りの激安ジャンクレンズを落札して直して使えるなら
安いものだとこれまた自分の都合のいいように解釈してる自分がかわいい。

ヨドバシのWEBショップだと取り寄せ品と書いてあったのになぜか5月1日発注で5月4日に
到着。GW中なのに妙に早い。素晴らしいぞヨドバシ。ROWAも見習うべきだ。
見慣れたヨドバシドットコムのダンボールから出てきた吸盤オープナーはこれ
DSCN0580.jpg

6個入りって書いてあったのに1個しかねぇじゃん ダンボールの中を
どれだけさぐっても1個だけ。

「こらヨドバシ 話が違うだろ

ってよく見ると年輪のように重なってやがった。
DSCN0581.jpg

なるほど そういうことね、、ヨドバシさんすいませんでした。

DSCN0582.jpg

製造原価は500円いってないだろうなあ・・

で2番目にデカイのを前面のレンズにベタッと押し当てて回してみる。
緩んでるような動いてないような変な感覚だったが、レンズを押さえてる
リングが浮いてくるのがわかった。どうやらレンズとこのリングは一体物
ではないようだ。リングを指で回したらあっけなくリングが取れた。
一番外側にあるレンズを外して中を覗いて見る。IMG_0221.jpg


いるじゃんカビ君。
一般的に慣れた方の場合、中のレンズを注射器に吸盤付けたもので取り外すようだが
そんな道具は持ち合わせてない。どうやって外そうかって考えたが突発的にひっくり返せば
出てくるだろうって原始的な思考回路が働き、とりあえずひっくり返して振ってみた。
そしたらドサドサッと実っていうかレンズとかリングみたいなのが落ちてきて焦りまくったが
動体視力の良い俺はどういう順番で落ちてきたのか記憶してしまうんだなぁこれが、、

でカビの発生してるレンズをセーム革でこすったけどビクともしないんで
家にあったカビキラーをレンズに至近距離から直噴
数分後、洗面台で水洗いしたらあっけなく取れていた。カビ退治成功
楽勝だぜ。。ってその時点では思ってたけどどうやらカビキラーは強いアルカリ性で
レンズにはよくないらしい。無水アルコールを使うのが吉とのこと。
まあやっちまった事を後悔しても始まらないし、見た目綺麗になったんだし気にする
こともあるまい。
適当に日干しして待つこと30分、指紋が付くと鑑識にバレて足がつくんで(オイオイ
じゃなくて指紋が付くとせっかく綺麗にしたのに元も子も無いんで手袋して組立て。
DSCN0585.jpg

動体視力には自信があるものの記憶力に問題がある俺はこの部品がどの位置だったか
わかんなくなってしまったがまあ適当にバチッとはめこんで組立て完了。
振ってみても中で部品が動いてる気配も無さそうだし、きちんと押さえてあるみたい。
なんとか大丈夫っぽい。

でいざ撮影。
IMGP0011.jpg


IMGP0010.jpg


露出も変だしホワイトバランスもおかしいような。。。
それ以前に時々シャッターが切れなくなるのはなぜ
Takumarだったら問題なかったのに。。。露出の信号やり取りしてるんだろうか
せっかく綺麗にしてあげたのに。。。なかなか上手くいかないもんだ。
2008年05月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | レンズ
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。