スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

CLKおやっちゃん(英語名:clkokamekun)Explore初ゲット記念企画

「flickrの偉大なる写真家たちVOL.1」


予告どおり記念企画を開催するわけですが、最初にお決まりのお約束事を。。。
今回の写真は作者の了解を得て俺(clkokamekun)の責任の下、掲載許可を
得ました。ゆえに如何なる場合においても無断での二次利用および転載することを
禁じます。写真を転載及び利用する場合、作者の許可を得る必要があります



entry1: テキサスの美人フォトグラファー
andie smith

most photographed umbrellas

テキサスのフリーランスのプロ写真家、アンディスミス。彼女の写真は常にエレガントな
印象で、身近なものから風景、ポートレートまで彩度のやや高いオシャレ度の高い写真が
素晴らしい。また、HDRや魚眼レンズも得意で、いろんな新しいことをサラリとやってのける
んだけど、その中でアメリカントラディショナルな雰囲気を残すところもすごい。
彼女の愛機はCanon5D。フルサイズCMOS搭載のベストセラーデジイチだ。
今回、登場する4人に、

「俺のブログに3枚写真を掲載したい。あなたが選んでもいいし、俺が選んでもいい。」

ってメールを送ったんだけど、他の3人は

「OK、okamekun、君が好きなのを選んでくれ」

と返事が着たのに対して彼女だけ自分で選んできた。その点からみても
彼女のプライドの高さが伺える。今日掲載する3枚はandie smith自身の自信作
である。俺は彼女の写真を見て「HDRをやろう」って思ったのだが、彼女の鮮烈な
HDR作品を掲載できなかったのがちょっと残念。

といいつつ、この一枚目の写真もHDRだったりするのであった。
女性らしい色使いと構図が美しい。

Take 2

この2枚目は彼女らしさが出てる一枚。とってもアメリカンしてる。
ど素人の俺の場合、もうちょっと引くか寄って横位置で撮っちゃったり
して平凡な感じになっちゃったりするんだけど、縦で空を大きく取り入れ
て車やサーフボートを引き出してる。パッと見だと良さがわかりにくいかも
しれないけど、実際目の前がこういうシュチュエーションだったらって想像
してみるとプロとの差を感じまくる作品かもよ。色合いもシックで素晴らしい
処理だ。PhotoshopCS3欲しい。。。



remember the alamo

最近の彼女の作品には少ないモノクロ。このチョイスは意外だった。
この威厳のある建造物の雰囲気は出ている。二枚目の写真もそうだけど
四隅をわざとケラレっぽく処理している。それに加えて写真外側をわざと
流してるのも高度な技なんだろうか?技術的に詳しい方の解説を求む。。。

アンディスミスの写真。俺的にもっともっとすごいのが大量にある。
彼女のサイトやflickrのPhotostreamで満喫して欲しい。特にHDR。
HDRに関して彼女は俺の最高のお手本である。

アンディスミスの運営するサイト
http://www.eight18photography.com/
アンディスミスのPhotostream
http://flickr.com/photos/andiesmith/

entry2: 衝撃のファーストタイム
Ade.F

2587464851_7c56d13c65.jpg

イギリスの写真家Ade。彼の写真は英国人の気品を感じさせるモノクロや
彩度抑え目な物が多い。特にこの一枚目の写真。ぶっちゃけ

「ナメとんのか

ってぐらいシンプルこの上ない写真なんだけど、構図からやフォーカス、
光の当て方まですべて計算されてて、一粒のピスタチオがとても印象的
である。マジで俺の頭の中に焼きついて離れなかった写真。
彼のカメラはOlympusのE-510。

flickrやブログでいろんな人の写真見てるせいか最近撮った写真見ただけで
CanonかOlympusの見分けは付くようになったかも。
どちらにしろ彼の渋い写真の多くはこの510とZUIKO DIGITAL35mmという
単焦点レンズから繰り出されるのであった。
(ピスタチオ買ってきて真似してE-300でやったけど全然ダメだったかも。。)


2664736274_a9588a573b.jpg

お爺さんのポートレート。彼の写真にはタイトルもなければ説明文も無いものが
多いのだけど、この写真には説明文があった。街のフェスティバルに参加した
ジャズバンドの演奏に失望した老人らしい。英国調スーツ、ハンチング帽、老人の
表情。手を組む指の動き。モノクロと余りにもピッタンコっていうか、決まりまく
ってる写真だ。描写もすっごく細かい。ZUIKO DIGITALのレンズのポテンシャルを
思いっきり引き出してるように思える。


2714599822_5406aaf501.jpg

美しい風景。花や虫のマクロ。モノクロのポートレートや景色など引き出しの多い
彼だが、こういったものを撮るのは意外だった。
っていうかこれ水滴?水銀?どうやったらこんな写真が撮れるわけ?
NDフィルター付けてシャッター速度遅くしたり、バルブ撮影とかじゃ
飛んでくる水滴が流れるはずだし、連射して後で合成して多重露光風処理?
まさか、まさかの切り取り加工?いやこんな自然に切り貼りできない。
やはり、連写後合成なんだろうか?詳しい方の解説求む。。

Ade氏のPhotostream
http://www.flickr.com/photos/adesphotos/
↑彼の鋭い視点での写真は絶品揃い。超オススメ


実は、このAdeさん。俺の加工の最大の理解者だったりする。

「CLKよ、君のtreatment(処理方法)はずば抜けてる。素晴らしい。

って相撲写真をべた褒め。まあ社交辞令かもしれないけど
何回も何回も言われて、その気になっちゃてるかも。。
と最後に自分の自慢をして第一回の締めっくくるのであった。

第二回は来週末を予定しています。今回は比較的渋めの
写真が多かったですが、次回は派手な作品が中心になると
思います。

差し出がましいですが、できれば掲載写真のご意見、ご感想を・・。
本人に伝えますので。。ぶっちゃけ、手土産が無いと気まずいんで











スポンサーサイト
2008年08月02日 | Comments(18) | Trackback(0) | 総合

カメラ写真展最終日

P7283941.jpg


俺のデジカメの原点

小山卓治ファンさんは常々

「僕の原点はSuper-Takumar

とおっしゃられる。 
氏を尊敬してやまない俺はその発言がスッゲーカッコいいっていうか
ものすごくCOOLって気がして思わず真似をしたくなるのである。

で俺にとって原点は???って振り返ってみると
やはり最初に買ったデジカメである。オリンパスの「CAMEDIA C-3030zoom」
にぶち当たる。

今となっては並み以下の機能であり、動作もややとろいが、出っ張ったグリップといい
当時としては珍しいブラックのボディといい、古臭さを感じさせないなかなかの
デザインだと思う。

絞り優先、シャッター速度優先もあり、初心者向けのシーンセレクター
はない。俺みたいな初心者にとって、ある意味不親切極まりないこの部分が
カメラの機能の学習に大いに役立ったのである。

P7283930_edited


カメラ付きセルフポートレート

写真ブログでもflickrでもありがちなカメラ持ってのセルフポートレート。
flickrの日本人contactsの方がやってて、「かっちょええ」って
思ってやってみたが、これ難しいわ。マジで。。

俺の頭の中では絞り開いて、鏡の中のカメラにピント合わせて、自分をぼかす
はずが、カメラになかなかピントが合わない。

「どうやってやるんだ???」

鏡の中のカメラにAFでもMFでもピントが合わせれない。。。
しかも自分も必死になって「よそいきの顔」を作ってるんで
撮影に集中できない。っていうか普通ファインダー覗いてるパターン
が多いんだけど、鏡の中の自分の顔が気になって気になって
ファインダーからついつい目を離しちゃう。何やってんだ>俺

カメラがピンボケなんでわかんないでしょうけどE-20です。

また女房に

「気色の悪い顔を晒すな

って怒られそう。。

っていうか最終日ギリギリに記事投稿で間に合うのか?
babathegiantさん申し訳ないです。。。

2008年07月28日 | Comments(13) | Trackback(1) | 総合

カメラ写真展

my cameras

babathegiantさんのナイスな企画


写真ブログの大先輩で俺の憧れの1人である「PhotoBlog PremierQuartier」の
babathegiantさんの企画「カメラ写真展」に参加してみた。

MFS参加したせいか、ちょっと余裕あるっていうかすっげー簡単に
考えてたんだけど実際やってみると、ムズイのなんの

デジカメコレクターのブログなんで、ブログ開始の頃は嫌ってほどデジカメの
写真撮ってたから余裕ぶっこいてたのが災いしてなかなか巧く撮れなくて
相当時間がかかってしまった

カメラの写真は「カメラポートレート (camera portraits)」とか呼ばれて
flickrでもグループがあるんでいろいろ参考にしてみたが、やっぱり
道具が足らないって感じたかも

バックスクリーンやレフ板やしっかりした照明がないとなかなか思い通りの
仕上がりにはならないもんだ。

上の写真はE-300、E-20、E-100RS、E5700、PEN EE3、*istDL、F601QD
C-3030zoomの8機を囲んでみた。こうして並べてみると俺が元々オリンパス派
だったってことに気付く。でもE-300もE-20もほとんど使ってないんだよなあ。。


Coolpix E5700


俺にとって最も美しいデジカメは?

写りの良さとか使い勝手とか画素数とか全部取っ払ってデジカメだけのデザインで
比較しちゃうと、俺のコレクションの中で最も「カッコイイ」って思える
のはNikon Coolpix5700だ。ニッコールEDの証であるレンズに巻かれた金色の帯。
コンデジの分際で超デカイ「Nikon」のロゴ。当時のコンデジの旗艦(フラッグシップ)然
としたたたずまいは嫌味を超えて上品にさえ見える。
 機能は十分なものの、使い勝手が悪く、AEもじゃじゃ馬でほとんど使うことが無い今でも
このカメラは美しいと思う。

2008年07月27日 | Comments(22) | Trackback(0) | 総合

【上半期MFS 最終日】 

小山卓治ファンさん主催の楽しい企画も最終日となってしまいました。
お祭りの最終日とか修学旅行の最終日のような淋しさつうか切なさを感じ
ちゃったりするのは俺だけっすかね

さて俺の3日目ですが、ローカルテーマは「その他」
初日の「花」、2日目の「加工もの」は合わせて6枚は
FMS参加表明した瞬間つうか小山卓治ファンさんのブログに

「俺もぜひ参加させてください

って書いて送信ボタンのポチッと押したコンマ数秒後に決定してたり
するんですが、最後の3枚は全然考えてないつうか、
「後で決めよ
って感じであんまり深く考えてなかったんですわ。

ここでようやく俺に訪れた「産みの苦しみ
FMS参加の他の皆さんの場合、クオリティの高いPhotoStream
の中からさらに選りすぐった逸品を選ぶ作業って感じでしょうけど
ペース配分間違えて初日、2日目にベストショット出し切っちまった
俺は出そうにもタマが無い。先行逃げ切り型を得意とする(ほんまかいな
俺らしいっちゃ俺らしい失態ではあるが、非常にキビシイ状況ではある。
苦し紛れに「残り物には福が在る」と脳内に念じてみても一向に
ひょうたんから駒は出てこない。
自分のPhotoStreamを悩みながら見ている俺に、笑いながら

「辞退したほうがいいって

言い出す女房。

「あんたの写真はアングルが全然おかしいって
誰も書かないなら私が”下手ですね”ってコメント書いてあげよか

まさに言いたい放題である。
女房の暴言に怒り心頭ではあるが、ここで逃げてしまっては
孫の代までの生き恥を晒すことになるんで、ひょうたんを斧で真っ二つ
に割って中から無理やり駒を引っ張りだすような気持ちで選んでみた。

Tokaido line (JR) Obu station
The first half of this year MyFavoriteShot the last day entry No.7
Tokaido line (JR) Obu station

「鉄」なのか俺は。。

この写真自体たいしたことないし、ごくごく平凡のJRの駅のホームから
線路を撮っただけの芸が無いものなんだけど、見てるとみょ~に落ち
着くんだよね。
鉄道は昔好きだった。今も嫌いじゃないかも。。
つうか俺の世代だと小学校から中学校にかけてブルートレインブームが
あって男の子は猫も杓子も青い機関車と客車に心躍らせたもんだ。
かくいう俺も鉄道模型買ってきて、EF65の「さくら」とか「富士」とか
ヘッドマークを見ながらニタニタしてみたり、まさに今で言う「鉄」そのものの
行動をしたりしてたかも。。
時は経ち、さほど鉄道に興味が無くなった今でも、EF58とかEF65が
貨物や客車を引っ張ってるジオラマなんかを見ると「おっ」って気持ちになる。
カメラはCaplioGX


Kiyomizu3
The first half of this year MyFavoriteShot the last day entry No.8
It is an entrance of Kiyomizudera temple.


清水寺の入り口の門での一枚。カメラ始めたころのごくごく初期のもの。
ニコンD3持ってるプロっぽい方がこの位置からの角度で撮ってたんで真似して
撮ってみた。加工とは違った意味での反則技っていうかモロパクリ

撮影スポットに行った時、いつも思うんだけど、プロもしくはハイアマチュアな方
と出くわした時、持ってるカメラがショボイし腕も無いんで、すっげーコンプレックス
感じちゃうって言うか、妙な恥ずかしさを感じちゃって逃げ出したくなるんだよね。
絶対に避けて通れないカメラチェック。これはお互い様なんだろうけど

コイツ、E-20か、古っ

とか

ペンタかよ、しかもDL。。ニコン使えよ、俺みたいによぉ。

って思われてるだろうなあってついつい考えちまうんですわ。
まあ実際にカメラマンが集まりやすい撮影スポットには、自分のカメラのファインダー
覗いてる合間にチラッチラッと周りのカメラマンが持ってるカメラをチェック
するという裏の戦いがあったりすることが多々あるように思う。
俺はあの雰囲気がたまんなく嫌だったりするんだなあ、これが。。。俺の考えすぎ?

小山卓治ファンさんやイチヤンさんならカメラマンごとフレームに納めちゃう
っていう技を披露したりするんでしょうけど俺には絶対に無理かも
カメラはOlympus E-20.


No camera  No life
The first half of this year MyFavoriteShot the last day entry No.9
No camera No life

初参加のFMS。オオトリはこの写真。やっぱブログのタイトルに「デジカメ
コレクション」って銘打ってるんで出すしかねぇべって感じでこの写真を持ってきた。
何個あるんだろ。最近ペースは落ちたとは言え、40個ぐらいはあると思う。
自分が撮った物がイマイチ綺麗じゃないんでカメラのせいにして次から次へと
安物を買い漁った結果がコレクションに繋がったんだけど、実際は置く場所に困りまくり。。
俺のデジカメの原点であるオリンパスC-3030Zoom、濃い口の色合いが衝撃的
だったDC4800。AEがイマイチでジャジャ馬なNikon coolpixE5700とE5000。
10倍zoomと連写で遊んだE-100RS。いつでも優等生なPowerShotS40とS30などなど・・。
カメラに凝って半年間なんだけど、撮れば撮るほど写真とカメラの魅力にとり付かれ
ちゃっててどんどんのめり込んでます。

最終日、3枚ともMFSに似付かぬみすぼらしい写真ですけどお許しを。。

さっき気付いたんだけど2日目拍手が2つも入ってる
MFSのどなたかがクリックしてくれたんだとしたら相当嬉しいですわ。。
ブログ始めた頃からつい最近まで、拍手なんてもらったことなくて
自分で拍手クリックとか、みじめったらしいことやってたんすよね。。
と訳のわかんないカミングアウトしたところで、お後が宜しいようで。。







2008年07月13日 | Comments(23) | Trackback(0) | 総合

【上半期MFS 2日目】 

いやはや楽しいのなんの。
皆さん予想以上にすっごい写真だらけで自分の写真の評価なんて
どうでもよくなっちゃってさあ、MFS参加者の写真を眺めることしきり。。

flickrでいろ~~んな外人さんの写真をしょっちゅう眺めてるんだけど、
やっぱ写真は日本人が撮った写真が一番深いような気がするかも。

落ち着きのある色調で写真自体が何かを物語ってて見るものを写真の
中へ引き込み、共有すべき何かを提供してくれる。


皆さんの写真を見てそう感じずにはいられない俺でした。
日本人に生まれて良かった~~
がしかし俺、うすうす感じてたんだけど、ぶっちゃけ
撮るより見る方が遥かに好きかもしんない。。

さてMFS2日目。皆さんの写真が凄過ぎて躊躇しまくりな状態。
俺のカメラコレクションを卑下してるくせに、ちゃっかり俺のブログを
「お気に入り登録」して、毎日こっそり眺めてる(監視してるともいう
女房。彼女は俺より先にMFS参加者の方のブログを徘徊してるようで昨日、

「ね、ね、自分の写真があんなんで恥ずかしくない?
私は恥ずかしいわ

「って、まあ仕方ねえやん、参加表明しちゃったんだし。。。」

「こうなったら私の写真でいくしか。。」

っておい  そんなことしたら、マイフェイバリットじゃなくなるつぅーの
第一、最近のあんたの写真、犬のドアップ数枚だけだろが
ブログに女房のこと書くと、毎晩恒例の説教が長くなるんでこれぐらいにしとこ・・。
っていうか前フリが長すぎだつうーの>俺 

さてさて2日目は予告どおり加工もの。シャキッとしない俺の撮った
写真をソフトウェアでいじり倒すのは撮る以上に楽しかったりするんで
FMSのテーマにせずにはいられませんでした。「写真文化を冒涜する反則だ」
って噂もありますが、気にせずに突っ走りますぜ。。

To regain memories......I returned to this park.
The first half of this year MyFavoriteShot the second day entry No.4

To regain memories......I returned to this park

タイトル長っ  俺がはじめてHDR上手くできたかなぁなんて勘違いしちゃってる
写真です。カメラはRicoh CaplioGX(初代の無印)。
HDRの場合、ブラケット枚数多く設定できたり露出補正の幅が大きいデジイチ使った方が
圧倒的に優位なのわかってるんですが、俺はこのGXでしか撮りません。
それはなぜか?

GXがすごく馴染んでて自分の目と一体化してるからだぜへへへっ
ってなわけではなく、ぶっちゃけ
近所のデイスカウント兼リサイクル屋で新品1500円(税込)で買った激ショボの三脚しかない
ため、重いカメラ乗せてブラケット撮影するとカメラが揺れてHDR合成するとブレまくるから。。

って理由だったりします。  
いい三脚早く買えよ> 俺

三脚ってホント撮影の必須道具っていうか金かける部分だってわかってるんですが、
どうしてもカメラやレンズに予算が回ってしまい、「ま、これでいっかあ」なんて気になって
しまい、なかなかいい物を買えないんですわ。。



Love Planet

The first half of this year MyFavoriteShot the second day entry No.5

Love Planet

この写真は、オシャレ度の高い写真を狙って何度と無く繰り返し撮影したものの、いざPCに
落としてみると、ダメダメ
写真全体の20%ぐらいの部分をトリミングで切り抜き、激しいサチュエーションとシャドウの強引な
ブーストを施し、さみしいっていうか殺風景だった左部分にスペースに、訳のわかんないロゴを
ぶち込んで無理やりバランスを取ったという曰く付きの問題作だったりします。

妙に媚びた作風が下心見え見えでフェイバリットどころかむしろ嫌いな部類に入ってたんですけど
flickrでもコメントやview数が多く、ヨイショされるとその気になりやすい俺としては日に日に愛着が
沸いてきました。
カメラはCoolpix P4です。


metal cutting
The first half of this year MyFavoriteShot the second day entry No.6
metal cutting

本日最後はこの写真です。会社の製品棚が大きすぎて邪魔になったので
酸素で棚の鉄板を切ってます。何気なく見ていたんですが、火花の飛び方
が激しく、

「こいつは写真に収めなければ

って写真好き特有の使命感が湧き上がり、GXが出動 
周りっていうか背景がごちゃごちゃしてたのでシャドウを上げまくったんですが
それが功を奏して、背景が消え、火花だけが目立ちイイ感じに仕上がりました。

この写真の前後で自分の中の何かが変わりました。
そういった意味で俺にとって意味のある通過点っていうか
ターニングポイントになりそうな写真だと思います。










2008年07月12日 | Comments(14) | Trackback(1) | 総合
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。