スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

セミファイナル観戦


『してやったり』 の表情の泉川正幸監督。

3月29日小牧パークアリーナ。Vプレミアリーグ女子セミファイナル。
地元トヨタ車体クインシーズがレギュラーシーズン全敗の岡山シーガルズと対した第二試合。
クインシーズがセットカウント2ー1で迎えた第4セット。この日1番の盛り上がりは21-24の
シーガルズセットポイントからクインシーズが連続得点でまさかの逆転し、シーガルズを破る
大金星でファイナル進出に王手をかけた場面だった。


ビジュアル面でもチームを引張るセッターの藤田夏未

昨年1月にも同カードをクインシーズの本拠地である刈谷で見たが、当時は完全なカナニ
依存型のチームであり、カナニの出来の良し悪しで勝敗が決まる状態だった。1年ちょっと
前とメンバーはほとんど変わってないにも関わらず、チーム力が数段上がっているのは
誰の目にも明らかである。
東レ広報室の大山加奈氏のコラムのようなレセプション(サーブレシーブ)を高めに上げて
全員で動き出す戦術は徹底されていなかったような気がするが、モントルーバレーマス
ターズ2013の若手全日本の不動のセッターだった藤田夏未、器用な仕事人山田真理、
手が長さを活かし上から叩き落とすようなクイックを打つ平松美有紀など成長著しく
Vプレミア女子で最も個々のレベルアップができたチームと言える。


2012/13V得点王のカナニ

泉川正幸監督。かつて「ピート」の愛称で親しまれ、全日本の主将まで務めた選手。
仕事上で絡みがあり、何回か会った事があるのだが、誠実で生真面目な男である。
生真面目さゆえに根性論に走るかと思いきや、まさかの理論派であり、育成もできる
優れた指導者のようだ。


クインシーズで最も成長した一人。平松美有紀


EOS 7D EF300mmF4L
スポンサーサイト
2014年03月31日 | Comments(3) | Trackback(0) | CANON

人を見る目



わりと優れているような気がする。この写真の男は
仕事のパートナーだけどファーストインプレッションから
悪い気がしなかった。だから採用して既に2年が経った。



理研の小保方晴子氏。STAP細胞で騒がれた1月の末ごろ。
直感で「違う。」って感じて周りに「怪しい」と
言い続けた。マスコミが持ち上げ方がハンパじゃなかったし
誰もが俺が間違ってるって思ってた。
化けの皮が剥がれるのにここまで時間がかからないとは
思わなかったけど、TVの中で割烹着を着た研究する彼女
STAP細胞を誇らしげに語る彼女に、iPS細胞の森口氏より
はるかに違和感を感じた自分の嗅覚を褒めたい。

Canon PowerShot G11
2014年03月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON

名古屋ウィメンズマラソン2014



木崎良子(ゼッケン11番)とその仲間たち

土佐礼子以上の粘り強さで日本のエースに。。。



優勝したロシアのコノワロワ(先頭に立つ背の高い選手)や
2位のラドビアのプロコプツカ(ゼッケン2番)
と比べると体格差は明らか。下半身はともかく、
上半身、特に肩甲骨のあたりの筋力の違いは何なんだ(汗)



マラソンブーム、ランニングブームをよそに
低迷する女子マラソン日本勢。
再び世界のトップに立てるのか・・・。




EOS 7D EF-S55-250mm f4-5.6 IS
2014年03月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON

PowerShot S40/S30

ps3040.jpg


購入理由

デジカメをコレクションしはじめた頃からずっと気になる存在があった。
「PowerShot G2」である。Dimage7と同じぐらい評判がいいらしい。
いや電源に弱点があるDimage7に比べて、短所が少ない分PowerShot
G2の方がプロアマ問わずに評価が高いようだ。
しかしながら4040zoomを1台3030zoomを2台、他に同じようなサイズの
AllgretM70やFinepix2900を既に所有している。やや小ぶりのDC4800も
2台ある。さすがにこの手のオーソドックスな3倍ズーム機はこれ以上集め
れないなあと思ってた時に見つけたのがPowerShotS40である。
canonがコンパクトデジカメのフラッグシップであるPowerShotG2の機能を
凝縮してポケットサイズにぶち込んだというのがこのデジカメの売りでらしい。
CCDも機能もほぼ一緒で相場価格はG2の半分ぐらい。IXY DIGITAL320を
既に持っていたがほとんどAUTO機能しか付いていないので不満だった俺は
廉価版で300万画素ながらのS40より高感度で評判のいいS30をまず購入。
続けざまにS40を購入したのである。


デザイン

デブッとした分厚みのある金属ボディは高級感がありお世辞にも格好いい
とは言えないが悪くもない。IXY DIGITAL320と比べるとかなりデカイがレンズ
収納時はスクエアのなので収まりがいい。
オシャレ感はないものの質実剛健で俺にとっては好ましい。ブラッククロスに
赤のロゴの入った専用のカメラケースに入れるとホットドッグのようでキモ可愛い
くもある。(ミニチュアダックスの胴体のようだ。)
P1100111.jpg

しかし致命的な欠点がある。レンズカバーがONOFFスイッチと兼用になって
いるのだが開閉するこのレンズカバーの金属の厚みが薄すぎて明らかに剛性不足。
ちょっと押したり突いたりすると凹むような薄さなため、使い込んで老朽化してくると
ONOFFできなくなったりする可能性が強い。俺の所有するS40もONするときに
ちょっとコツが必要で時々電源が入りにくくなる。この辺りはレンズカバーONOFF形式の
デジタルカメラを数多く出しているオリンパスより圧倒的に劣っていると思う。
オリンパスのC-40zoomやX-1やC-200zoomも所有しているがレンズカバーが
しっかりしているため全く不満も不安もなく使えている。


機能

1/1.8インチでS40が400万画素、S30が320万画素CCD。光学3倍。風景、ポート
レートなどの各種モードの他にシャッター優先絞り優先、プログラムは当然のように
完備。Eシリーズを除く、オリンパス機の欠点は絞り優先、シャッター優先が即座に
変えれないのだが即座に変えれるのは快適である。(他のメーカーじゃ当たり前
なんだけどね。何やってるんだオリンパス)
操作性もかなり優秀。ボタンだらけの高級機よりも使いやすい。露出補正やホワイト
バランス調整やフラッシュ調整はワンボタンで簡単にアクセス。十字キーが小さく使い
にくいという話があるようだが全く問題ない。あと撮影中レビューが簡単にできる。
ダイヤル内にレビューモードを入れるよりこのS40/S30やLUMIX FZのように独立させた
方が使い勝手は絶対にいいと感じた。またオリンパス軍団よりAUTOが非常にいい。
室内でのホワイトバランスこそ、「おやっ?」って事があるがAEはいい感じでブラケット
撮影の必要もないぐらい正確だ。AFも比較的優秀だ。IXY DIGITALで使い慣れた
TTL3点AIAFは非常に使いやすい。AFロックせずにきちんと左右にフォーカスポイントを
振ってくれたりする。レンズの大きさからか絞りを開放しても被写体周りが上手くボケて
こなかったりするが、レンズサイズから見て仕方ないのかもしれない。

画質

鮮やかである。なるほどキャノンはこういう色合いだから万人ウケするんだとつくづく思う。
キャノンの発色を見た後でオリンパスの深く濃い色を見ると地味すぎて冴えないって10人中
8人が思うかもしれない。ただ空や花の色は嘘っぱちが多く、肉眼とかけ離れる。
俺の中では綺麗に撮るならキャノン正しく撮るならオリンパスという住み分けになっている。

花はこれでもかってぐらい綺麗な発色になる。
発色が良すぎて造花に見えたりするが見栄えがいいので誰もが喜ぶ画質。↓

IMG_0262.jpg

↑この写真の椿にはハッするほど惹かれるが、現実はこんなに綺麗じゃなかった。

↓綺麗過ぎてペーパークラフトの花に見えなくもない。
IMG_0227.jpg



↓白が不自然でツッコミどころ満載の写真だが全体といては綺麗でいい感じに見える。
IMG_0260.jpg


↓見事な発色と描写力。当時最強といわれたPowerShotG2の兄弟機という看板は
偽りでは無く、ホンモノだ。
I2.jpg


↓夕陽もAUTOで全然平気。この順応力は素晴らしい。
IMG_0004.jpg


↓S30は300万画素だが細かいきっちり描写もこなす優等生だ。
IMG_1344.jpg



↓室内ややや暗い場面ではAEもAFも苦手のようだ。AFだとピントが相当甘い写真を連発する。
高感度のISO800でシャッター速度を稼いげるのはいいが・・。
IMG_0235.jpg


↓マクロはまずまず。
IMG_1393.jpg



総論

デジカメなんてこれで十分と思えるほど画質は完成度が高く素晴らしいと思う。操作感も
よく考えていて、AUTOじゃ物足りなくてマニュアル操作でいろいろいじくり倒したい人にも
満足できると思う。レンズカバーに難点があり、ヤフオクで落札したい人は質問できちんと
確認しなければ後で泣きを見るので注意。「レンズカバーのONOFFはどうですか?」と聞け
ば良い。歯に物が詰まった返事しか返ってこなければ避けるように。また電池が専用充電池
なので本体のみの商品に安いからといって飛びつくと返って高くつくことも肝に銘じたい。
専用充電池は1000円前後で手に入るが充電器が高くつくからだ。S30付属品完備で2000円
~3000円、S40で3000円~4000円でゲットしたい。オリンパス派にも一度試して欲しい
デジカメである。






現在の閲覧者数:














2008年04月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。