スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

セミファイナル観戦


『してやったり』 の表情の泉川正幸監督。

3月29日小牧パークアリーナ。Vプレミアリーグ女子セミファイナル。
地元トヨタ車体クインシーズがレギュラーシーズン全敗の岡山シーガルズと対した第二試合。
クインシーズがセットカウント2ー1で迎えた第4セット。この日1番の盛り上がりは21-24の
シーガルズセットポイントからクインシーズが連続得点でまさかの逆転し、シーガルズを破る
大金星でファイナル進出に王手をかけた場面だった。


ビジュアル面でもチームを引張るセッターの藤田夏未

昨年1月にも同カードをクインシーズの本拠地である刈谷で見たが、当時は完全なカナニ
依存型のチームであり、カナニの出来の良し悪しで勝敗が決まる状態だった。1年ちょっと
前とメンバーはほとんど変わってないにも関わらず、チーム力が数段上がっているのは
誰の目にも明らかである。
東レ広報室の大山加奈氏のコラムのようなレセプション(サーブレシーブ)を高めに上げて
全員で動き出す戦術は徹底されていなかったような気がするが、モントルーバレーマス
ターズ2013の若手全日本の不動のセッターだった藤田夏未、器用な仕事人山田真理、
手が長さを活かし上から叩き落とすようなクイックを打つ平松美有紀など成長著しく
Vプレミア女子で最も個々のレベルアップができたチームと言える。


2012/13V得点王のカナニ

泉川正幸監督。かつて「ピート」の愛称で親しまれ、全日本の主将まで務めた選手。
仕事上で絡みがあり、何回か会った事があるのだが、誠実で生真面目な男である。
生真面目さゆえに根性論に走るかと思いきや、まさかの理論派であり、育成もできる
優れた指導者のようだ。


クインシーズで最も成長した一人。平松美有紀


EOS 7D EF300mmF4L
スポンサーサイト
2014年03月31日 | Comments(3) | Trackback(0) | CANON

人を見る目



わりと優れているような気がする。この写真の男は
仕事のパートナーだけどファーストインプレッションから
悪い気がしなかった。だから採用して既に2年が経った。



理研の小保方晴子氏。STAP細胞で騒がれた1月の末ごろ。
直感で「違う。」って感じて周りに「怪しい」と
言い続けた。マスコミが持ち上げ方がハンパじゃなかったし
誰もが俺が間違ってるって思ってた。
化けの皮が剥がれるのにここまで時間がかからないとは
思わなかったけど、TVの中で割烹着を着た研究する彼女
STAP細胞を誇らしげに語る彼女に、iPS細胞の森口氏より
はるかに違和感を感じた自分の嗅覚を褒めたい。

Canon PowerShot G11
2014年03月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON

名古屋ウィメンズマラソン2014



木崎良子(ゼッケン11番)とその仲間たち

土佐礼子以上の粘り強さで日本のエースに。。。



優勝したロシアのコノワロワ(先頭に立つ背の高い選手)や
2位のラドビアのプロコプツカ(ゼッケン2番)
と比べると体格差は明らか。下半身はともかく、
上半身、特に肩甲骨のあたりの筋力の違いは何なんだ(汗)



マラソンブーム、ランニングブームをよそに
低迷する女子マラソン日本勢。
再び世界のトップに立てるのか・・・。




EOS 7D EF-S55-250mm f4-5.6 IS
2014年03月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | CANON

FUJIFILM FINEPIX F200EXR

Narrow torii

真打登場?


2ヶ月半ぶりの更新。いやはや、

復活宣言しときながら、そりゃねぇぜ 

ってな感じなんだけど、何を隠そう実は結構マメにflickrの方は更新してて、
毎週のように写真撮りまくりな俺。逆に言うと以前よりも
写真熱が燃え上がり気味な俺なのだ

なんで燃えまくってるか?

F200EXRが凄すぎるから

って答えちゃうほど、このデジカメを気に入って持ち歩いている。
何が凄いのか。全部凄い。いや、本当は弱点もほんのちょっとだけ
あるにはあるが、その弱点でさえ可愛く思えるぐらい素晴らしい。

一枚目の鳥居の写真を見てよ。
自分で言うのもアレなんだけど、いい色してません?
EXIF見ると「Olympus F200EXR」って訳のわかんない名前付いちゃってる
けど、これはOlympus Master2で明るさと彩度を調整したから。でもEXIFにソフト名
足すだけじゃなく、書き直しちゃうOlympus Master2はどうなのよ?
重いけど効果がいいし、FREEでタダだから使ってるけど、この辺は
もう少し控え目にしてほしいところではある。

話戻すとこの写真の色はどうでもいい。っていうか、Olympus Master2で
彩度上げちゃってるからキュートな色に仕上がってるだけ
それより注目すべきは明暗の幅。明るいところから暗いところまで
きちんと描写できてるっていうか色が付いてるっていうか、古いデジカメ
じゃなかなかできない技をサラリとやってのけてしまう優れものなのだ。

古いデジカメ、特にNikonのデジカメ(E5000や5400あたり)だと、明るいところは
真っ白(白飛びと言う)で暗いところは真っ暗(黒潰れと言う)で
結局写ってる部分の明暗が狭い感じで、

「見た目と全然ちゃうやん

ってことになりがちだったと思う。これはデジカメ、特にCCDの小さい
コンデジの宿命っていうか、ダイナミックレンジの狭さのせいなのだ。
富士フィルムはデジカメ黎明期の頃から、このダイナミックレンジの狭さを
克服すべく、自前のCCDで頑張ってきたようだ。

Kamiike and Higashiyama Sky Tower
EXRモードDR拡張800%で撮影

暗いところも潰さず、空の色も写したい


さて2枚目の写真。一見してごく普通の写真に見えるのだが、実は相当凄い。
木々の濃い緑や池、タワーもそうかな。こういった暗い部分を残しつつ
青空や雲もバッチリ写ってる。かつてのデジカメ、2006年以前なら
どちらかを犠牲にしなきゃいけなかったはずだ。いや、富士以外の
最近のコンデジでもここまでダイナミックレンジ広くないかも。。。
批判を覚悟で言わせてもらうとそこいらのデジイチよりダイナミックレンジは
広いかも。。。
素晴らしい


鶴園前通り Tsuruenmae Street.

伝統の高感度撮影も健在

finepixっていうか富士フィルムと言えば高感度。三脚無し、フラッシュ無し、EXR高感度優先で
夜の街を撮ってみた。
結論から言うとグレート
節電の影響で結構暗い場所でもシャッター速度1/100~1/150ぐらいなんで全くブレないし、
ISO1600ってめっちゃ高感度なのに、ノイズも少なく、綺麗に撮れる撮れる
驚愕のデジカメF200EXR。


笑笑 Warawara

無敵に近いコンデジ史に残る名機中の名機

デジイチもカモれるぐらいワイドなダイナミックレンジ。CANON機やNikon機とは違う
分厚い色乗りの良さ。サクサクした動作。ISO1600という高感度でもサラリと綺麗に
写しちゃうパワー。すべてが高い次元で、これがあればもうコンデジが要らないんじゃ
ないかって思うぐらい満足度の高いデジカメである。操作性もF100FDよりいいと思う。
EXRモードのDR優先にして少しアンダー(暗め)に撮って後で明るさを持ち上げると
他のコンデジとは別世界の写真が撮れる。
完全無欠と言いたいところだが、僅かな弱点もある。まず、AF。
コンデジと一眼のAFを比べるのは滑稽だが、AFの精度、速度ともに
ちょっと前のコンデジ並。高画素数化、高感度化、ワイドレンジ化と
すさまじい進化があるのに、AFはなぜ進歩しないのか。
ぶっちゃけAFだけ見れば10年前のオリンパスのC-4040ZOOMと変わらない感じ。
銀塩時代からの技術の蓄積で飽和しちゃってるんだろうか?
デジイチのAFがめっちゃ早いだけにイマイチ納得できない。
あとAE。これはワイドレンジを生かすためなのか常に二段階から三段階アンダーだ。
撮ってから明るさを持ち上げることを前提としているのだろうか?
この二つの癖を頭に入れておけば失敗無く、いい写真が楽勝で撮れるナイスな
カメラ。F200EXRは絶対にイチオシのデジカメだ
2011年05月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | FUJIFILM

Nikon coolpix 5400

DSCF0198.jpg


ドニチエコきっぷ

無性に撮りたくなった。2年かかった。
撮って撮って撮りまくりたくなった。
ヤフオクでカメラは手に入れてた。コレクションの一部は捌いたが
ほとんど残ってる。でもコレクション以外のデジカメでリスタートしたかった。
撮りたいという気持ちが簡単に萎えないように。

 Coolpix 5400 

Coolpix E5000の後継モデル。じゃじゃ馬で気分屋なE5000を小型化し、
使い勝手も良くしたモデルだが、CCDが2/3インチから1/1.8インチに
小型化されたためかマニアからそっぽを向かれたモデルである。
実際、5400の後継の8400が2/3インチCCDに戻ったのも
マニアのニーズがCCD小型化を求めていなかったことをニコンが
察知したからであろう。
E5000の後継なのにE5000よりもはるかに安い金額で5400を落札。

赤皮のショルダーポーチにCoolpix5400を入れ、ドニチエコきっぷを手に
出かけた。市バスと地下鉄何回乗り降りしてもタダだ 街撮りするのは使える。
愛車だと駐車場の心配をしなければならない。。。

DSCN5284.jpg


リハビリ。。。

最近カメラ触ってなかったとは言え、Coolpix E5000を使いこなしていた
つもりでいたんで後継機の5400も取説読まずに楽勝で使えるとナメてた
マクロのマ-クが消せないわ、測光のスポット、マルチを
切替えれないわで最初はまともに写真撮れないでやんの

相当いろんなところをいじり倒して少しずつ思い出したって感じ
まさにリハビリですな。


DSCF0199.jpg

帰った後でE5000と5400を並べてみたらボタンや十時キーの格好とか全然違ってた

E5000でもそうだったんだけど、この液晶モニタ。いざ撮ろうと露出補正すると
それに応じて暗くなったり明るくなったりはするが、それを信じて撮ると
極端にアンダーで真っ暗だったり、極端にオーバーで真っ白な写真になって
しまうという大嘘つきモニタなのだ。なんでこんな仕様なのか理解に苦しむが
この5400でも悪しき伝統は受け継がれていた。


DSCN5282.jpg

好みの設定にするとさすがの表現力

いろいろ設定を試したが、俺の好みは

諧調補正 → コントラスト強め

彩度 → マイナス1


そりゃ今時のデジカメと比べたら液晶モニタはかなり小さいし、ダイナミックレンジは
狭いし、起動もAFや保存もモッサリと遅いかったりするけど、やっぱり、いいカメラ
だなあって納得させられるほど、説得力のある絵を吐き出す。

DSCN5308.jpg

実際に5400の遠い子孫(4年後発売)のCoolpix P5000も持っていったんだけど
5400の方が撮るのが楽しくてP5000の出番はほとんどなかった。
質感の良さもそうなんだけど、各ボタン押しながらダイヤルを回して設定って
感じの操作が「撮ってる」っていう満足感を湧かせるんだよな、これが 


DSCN5310.jpg
2011年02月24日 | Comments(2) | Trackback(1) | NIKON
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。